king&princeは最強☆

庭ラジから見える、等身大の永瀬廉。

永瀬のRADIOGuardian、れんれんのバレンタインについての思い出には、素の一般的なれんれんがかいま見える。お友だちのお話しもそう。そして、いわちのこともサラリと、話題に。いつだって普通にふるまいながら周りに気配りするれんれんがいる。
少年倶楽部は宝島

LGTTからの止まらない少クラ。

少クラのオープニングを見て、2016年11月の少クラを回顧する。昔を懐かしむのは、まだ先でもいいとは思うのですが、KINGがセンターでジュニアを率いてたそんな頃を思い出すオープニングだったから。彼らがまだジュニアだった頃のジュニア達の事も。
king&princeは最強☆

#ROT それぞれのShow must go on②

キンプリを密着してきたからこそ、見えてきたものが、風間くんのナレーションに込められていたように思う。Show must go onの意味を、追い求める彼ら。彼らの成長の先に、その答えは見えてくるのだろうか。答えは、もう聞けないけれども。。。
king&princeは最強☆

紫耀くん、お誕生日おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪

紫耀くん、23歳のお誕生日おめでとう☆素晴らしい1年にして下さい。ジャニーさんが楽しみにされてたオリンピックイヤー。ジャニーさんの想いを繋ぐ後継者のひとりとして、節目の年になりそうですね。これからも深紅担Tiaraはずっとあなたの味方です。
king&princeは最強☆

#ROT それぞれのShow must go on①

Show must go on、その言葉の意味を模作するキンプリ。今回のジャニアイは、ジャニーさんの追悼であり、その中で彼らはShow must go on、その言葉の意味を、それぞれが考え、表現として舞台上で表現しているその様を垣間見る。
king&princeは最強☆

1/14昼 ジャニアイから見えてくるもの②

1/14昼公演の健忘録です。彼らが完璧な存在感であり、歌やダンスが最高級のクォリティだからこそ感じた違和感について。。ジュニアたちも、相当実力をつけました。あと1年したら、また全く想像のつかない現実になるかも。だからこそ毎公演を真っ直ぐに。
少年倶楽部は宝島

少クラ 20th Anniversary☆

少年倶楽部の20thアニバーサリーはお宝が満載の愛しい時間でした。 亀ちゃんと山Pがこんな風に関わってること。とっつーと河合くんの司会。スノストのデイブレ。キンプリのジュニア時代の曲のメドレー。全員でのリアデラ。そしてepilogueへと。
king&princeは最強☆

末っ子のモチベーションとは☆

前々から、かいちゃんに注目してる部分、アイドル高橋海人のプロフェッショナルな天性の末っ子感に感動。 時に、その屈託のなさが兄たちを救い、Tiaraたちを救い、そして、兄たち5人の良いところを全部吸収しすごい役者になりそうな末恐ろしい末っ子。
ジャニーズの未来☆

有終の美に相応しい祭。

嵐の『Turning Up』から彼らの有終の美を飾る祭が始まったと感じた。1年かけて、グループとしての最後を世界発信という使命と供に、後輩に繋げる道作りを見せてくれるのだと予感した。くしくも、ジャニーさんが楽しみにしていたこの2020年に。
ジャニーズの未来☆

ヲタクの海に溺れた2時間。。

カウコンのうちわ購入システム、もう少しどうにかなると助かります。実際問題、具合の悪い方も数名出てらしたので、日数を増やすとか、工夫していただきたい。せめて、スタッフの人員はもう少し増やすべきだと感じた待機場所でした。文句を言わないヲタクはすごい。