玉森裕太

時々、キスマイLOVE☆

#ROT キスマイのShow must go on②

待ち望んでたキスマイのROT。舞祭組の舞台裏。そして、中居くんの会見がくしくも同じ日であったこと。。このことは、何を意味するのだろうかと考えた。全くの偶然であれば、本当に彼らの結び付きは、運命だ。中居くんがあたからこそ、今のキスマイがある。
時々、キスマイLOVE☆

#ROT キスマイのShow must go on①

待ち望んでたキスマイのROT。ガヤさんの言葉にジャニーさんを思う。それぞれのShow must go on。彼らは、時に指標として、時に支えとして、その言葉と共に生きて行くのだなって強く感じました。彼らのストイックさは、そこからくるのだと。
king&princeは最強☆

ジャニアイ12/10夜公演②

ジャニアイが始り、私的な初日として臨んだ12/10夜公演。当たり前なんだけど、平野紫耀という人に圧倒される。そう、紫耀くんのショウは、エンターテイメントのショウだ。。そのことを、改めて気が付かされる。舞台で育ったんだと、そのことを痛感した。
ジャニーズの未来☆

9/26 ドリボな日。前楽。引き継ぐジャニーズイズム

2019年のドリボにて新しい発見や驚きが沢山あったこと。第3弾。ジュニアが成長するまたとないチャンスのひとつは、舞台だと思う。1ヶ月みっちり、先輩の背中を見ながら過ごせることで、みんな本当に成長する。今回は大昇くんの印象的なシーンについて。
king&princeは最強☆

9/26ドリボな日。前楽。岸優太という才能。

2019年のドリボにて新しい発見や驚きが沢山あったこと。第2弾。岸くんは、きっと素晴らしい舞台を見せてくれると思って期待していた。期待以上の『ユウタ』がいた。魅力的な歌声と洗練されたダンス、人情味のある演技、、どれもが岸優太そのものだった。
king&princeは最強☆

9/26ドリボな日。前楽。神宮寺勇太という才能。

2019年のドリボにて新しい発見や驚きが沢山あったこと。第1弾。まずは、神宮寺勇太の魅力が、思った以上に爆発していたこと。 器用にいろんなことを吸収し、どんどん成長してる。舞台という場が彼を最大に活かす場所であることも今回の舞台で分かった。
king&princeは最強☆

9/5 ドリボな日。夜公演。

2019年版のドリボ、、昔を大事にしながら、新しく生まれ変わった、、そのことを、しっかりと感じることが出来た、この昼夜通しての観劇。まずは、Wゆうたに関しての続きを。ジンの歌唱力のすごさが圧巻で、岸くんの歴代の座長を上回る特別感、その意味。
king&princeは最強☆

9/5ドリボな日。昼公演。

新生ドリボにWゆうた。ドリボ大好きな私が、たまたま9/5に昼夜公演両方を観ました。歴代のドリボを観てきての感想です。いろんな角度から書いてみたいと思ってます。まずは、第一弾として、岸くんを座長にした、ジャニーさんのお気持ちを考えてみました。
時々、キスマイLOVE☆

玉森座長の軌跡と受け継ぐ奇跡。

2019年版のドリームボーイズ、キャストが発表になりました。これにて、玉森裕太座長の時代が終わります。タッキーから始り年月を経て、キスマイの三人に受け継がれ、集大成となる2016年版を最高傑作としてジャニーさんに言わしめた玉森座長について。
時々、キスマイLOVE☆

パワラブ、1パラ目。

キスマイたまちゃんの新境地を切り開いた映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、衝撃の展開で、最後浮かび上がってくる純粋さは、間違いなくたまちゃんが作品に吹き込んだもの。いろんな視点や見解で観れる。いまの時代だからこそのリアリティでした。