今回のコンサートについて。

king&princeは最強☆

☆ご訪問ありがとうございます☆

【今回のコンサートに思う】

私は、全滅でした。
ただ、ありがたいことに、
お友だちの朗報もあり、
横アリと真駒内に、
行かせて頂けることに。。

こちらは、ありがたく、感謝して、
行かせて頂きますm(__)m

全滅された方を思うと、、
言葉がありませんが、、

追加公演も決まりましたし、
復活当選もあるはずです。
また、制作解放席ってゆうのも、
意外に良いですよ( 〃▽〃)
まだまだこれらのチャンスがあります。

でも、
ぜひ、次こそは、
ドームツアーを!と切に願います。

今や、ファンクラブ会員数が、
43万人越えだとか。。
コンサートの、申し込み前、
直前に5万人増えたとか。。

43万人。

もう十分ドームが出来る規模では、
と思いますが、、たぶん、
内容の問題もあるんじゃ、、
ドームをやるなら、
それなりに、あの5万人の会場を、
満足させなくてはならない。

彼らの魅力は、計り知れないけど、
ドームでのコンサートとなると、
話は少し違ってくる、、
演出、楽曲、パフォーマンス、
とくに、セトリ。。

やはり、6人で臨まないと、
演出の世界観が拡がらない。

ジュニア時代、私は、
いわちのことが受け入れられず、
あの存在感に、勝手に違和感を感じてて、
まるで、食わず嫌い的な、
『キラい』だったかな、最初の頃(^_^;)

でも、よくよく彼の発言を聴いてると、
一番ファン想いで、不器用な努力家。
アイドルであることで、息が出来てる、
それが彼の存在意義なんだと、
そう思ったら、じぐいわの関係性も、
逆に、どうせなら、
ほんとに付き合って欲しいし、
それなら、応援できる、、と、
切り換わる瞬間がありました( 〃▽〃)

【いわちが姫であること】

おとぎ話風に、考えてみた。
私の中のいわちという人は、
こんなイメージです(^o^)

↓⚠️以下、完全なる私の妄想寓話です(笑)⚠️↓

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昔々、ジャニーズ王国は、
次期、王国の王として、
相応しい後継者選びの季節に入り、
いわち姫が有力と見られた。

国民からの投票も5年連続1位。
国民の支持が絶大かどうかが、
次期、王国の王としての、資格だ。

いわち姫には、
傍らに恋人のような、分身のような、
いとこ王子のジン。
Sランクの称号を持ち、いわち姫の心に、
しっかり寄りそう理想の兄王子のユウタが。
二人が、しっかりと、繊細な姫を支えてた。

そんなある日、Tokio国の隣国、
Osaka国より、二人の有能な戦士が、
送り込まれた。ショウとレンだ。
既に、姫付きの若き戦士に選ばれていた、
カイトと供に、ナイトとして姫の側に。

元々、その繊細さが、王となることに、
一抹の不安を覚えられてた、いわち姫は、
そのナイト3人に、影響される。

傍らの優しい二人とはまた違った、
おおらかで、一見能天気な明るい優しさ。
そして、タフな精神の持主である
ショウレン。。Osaka国で鍛え上げられてた。

もう振り返らない、と覚悟を決めたショウ。
Osaka国に残した仲間が気になるレン。
ひっぱられるようにして、
ショウについてくレンは、
時に反抗期炸裂。
そのふたりの和を絶妙な末っ子感で、
繋いで離さなかった、カイト。
置かれた立場で、彼らも乗り越えてきた、
そんな戦士三人。。
だから、太陽のように、凛としてる。

そんなショウレンカイトは、
すっかり国民の支持を得て、
いつの間にか、Tokio国の王の候補に。

実は、王は、
数年に1回何人かで組んでなるもの。

真ん中にいるのは、ショウレンカイトの、
ショウ。メキメキと頭角をあらわして、
今となっては、一番のリーダーシップ。

ショウとは、永遠の相棒のレンと、
あまえん坊だけど、一番みんなを、
愛してるカイトが、脇をかためる。

そして、姫は、優しい二人の王子に、
支えられて、一途なポリシーを持って、
6人で、国民の前に出ることを決めた。

ショウの『この6人なら、、』という言葉を、
一筋の光として。。

ほどなく、姫は、繊細な心が、
世の中の期待に追い付いていかず、
天岩戸に隠れるアマテラス様のように、
沈黙を守り始める。。

5人は姫の場所を必死に守ろうとしてる。
ほんとうに、健気な5人だ。
姫のこのことも想定内での王への立候補、
だったのではないか。。

コンサートは、天岩戸開き、、
きっと、もうすぐ姫は出てこれる。
あの賑やかなお祭りが聴こえてきたら。。

やはり、どんな時代も、母なる大地、
神々しく、光輝く女王が必要だ。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【キンプリの2年目ストーリー】

コンサートのこと、当落や、
ファーストアルバムのこと、
考えてて、
思わず、おとぎ話が閃いたんですが(笑)

ファーストアルバムも、いわち担が、
本気出してたら、
もっと売り上げ伸びてるのではと。。
私が逆の立場なら、やはり少し、
トーンダウンして、3枚買うところ、
B盤だけにして、B盤だけが、なぜ、
売れてるのかとか考えてみてって、
事務所にアピールする(ToT)
届くか分からないけど、
ちょっとした抵抗。。

でも、そんなことしても、
本人のせいじゃないから、
悩まないで、と言いたくなるから、
何も言わず、耐えるという。。

で、何が言いたかったかというと、
デビューまでは、奇跡のデビューストーリー、
1年目に、素晴らしい仕事を沢山したけど、
いわちのことがあって、今度は、
また6人で活動できるように、
メンバーもTiaraも、心合わせて、
歩んでくストーリー、、
課題があればあるほど、団結も強くなる。

ドームは、6人揃った姿で観たい。

だから、、
お席が当たらなかった方々、
最後まで諦めず、、、でも、
もしも、今回入れなくても、
いわちが戻ってきたドーム、
イメージして、願いましょう。。

それまで、彼らは、さらに、
それぞれに、スキルアップして、
どんどん大きな存在になってく、
2年目はそんな風に走るのでは。

もう来年や再来年のことを話すの、
早いですが、、そう思います(°▽°)

King&Prince&Tiara

Mikico☆