しょうれん、という安定感。

king&princeは最強☆

☆ご訪問ありがとうございます☆

毎朝のZIP。
やはり、自担の時は、
なんだか、ホッとするというか。
他のみんなは、まだまだ、
ハラハラしながら、見てしまう(笑)

とくに、
最近は、見たり見れなかったりで、
あまり、このコーナーについて、
触れてなかったんですが、
紫耀くんのターンの時は、
うれしいというか、安心して見てられる。
現場対応力が半端ないから。

今日の放送では、弓を構えるとき、
弓道スタイルで、やろうとして、
止められた。その時、、
あ、アーチェリーは、
あごまでなんだって、
勉強になったことと、
紫耀くんが、弓道スタイルが、
身に付いてるんだってことが、
よくわかった。。

昨日も、ZIPさんは、
他局にも関わらず、
花晴れのハルトの、
弓道の写真を出すという、
優しさ、、愛ですね。。

そして、
思い出したこと、、
ハイタッチ会にて、
紫耀くんの手だけ、
少しカサカサと、
乾燥していたこと(ToT)

丁度弓道のシーンを、
撮っていただろう時で、、
すごく、
がんばってるんだなって、
手から伝わってきたこと。
(`・ω・)人(・ω・´)

なので、花晴れの、
あのシーンは、感慨深い。

花晴れは、紫耀くんを、
大きく育ててくれた作品。
もちろん、ういらぶ。とハニーも。

そのハニーで、共演した流星くんと、
きっと、5/23のViViでは、
ワンツーフィニッシュ。。だよね。
ハニー、、この二人を、
キャスティングした人、素晴らしい。
先見の明がありますね。

あの頃の紫耀くんの変化と、
同じようなものを、感じるのが、
いまの、れんれん。

うち執、俺スカを経て、
ほんとに、自信がオーラになってる。
GirlsAwardの時も、ジンと二人で、
モデルに成りきってたしね( 〃▽〃)

あの二人にモデルの仕事を、ぜひ。

そういえば、岸くん、
6/8発売のFINE BOYS
表紙なんだね、おめでとう( 〃▽〃)
(ちなみに、いま発売号はタマちゃん表紙。
5/23発売のsodaは、
タマちゃん表紙で岸くんの名前が、、)

しょうれんに戻りますが、
どんどん、顔つきが変わって、
役者になってゆく、二人。。
やっぱりキンプリは、この二人が、
エースとして、牽引してる。

ただ、これから、誰がエースとして、
センターにいても、おかしくない状況に、
なってゆくのでは、グループとして、、
とは、思います。
SMAPみたいな感じ。。

でもね、
このしょうれんという二人の存在は、
永遠に、エース感を保ち続けるなって。

これから、10年20年と経って、
この6人に何があっても、
離れない絆は、この二人にはあるかな。
ただね、ベッタリしてないから、
余計またいいというか。。

付かず離れずな感じの距離感がまた、
藤北の二人のようで、いいなって。。
仁亀は、、、離れてしまったから(T-T)

しょうれんは、シンメとして、
永遠にbrotherでいて欲しい。

ちなみに、brotherの円盤化は、
難しいのかな、、
愛は味方さや、まだまだ、
ほんとは、ジュニアの頃の曲、
アルバムのB盤に入れて欲しかったな(°▽°)
何度も言ってすみません(*_*)

そして、、B盤は、
みんな『ピンク』を身に纏ってたんだね。。
なんだか、5人を見るのが辛くて、
そこに、気づいてなかったρ(・・、)

セクゾも、言葉にしなくても、
衣装で、そうちゃんの存在を、
感じさせてくれたって、コンサートに、
入った子に教えてもらいましたが、
まさに、無言のメッセージ。。

B盤は、大事な宝物になりますね。
いや、全部ですが。。

デビュー日まで、あと、2日。
6人で、笑って迎えてもらいたいな。。

King&Prince&Tiara

Mikico☆