LGTTからの止まらない少クラ。

☆ご訪問ありがとうございます☆

先週、1/31の少クラを見て、
オープニングのLGTTの紫耀くんの帝王感。
最後は、ジュニアと1列になって、
センターで、両手を拡げて、、
まるで、神のような神々しさ。。

そして、キンプリとしても、
ノーティ、すっかり大人の魅力。
紫耀くんだけでなく、メンバー、
みんな大人になったね(  ̄- ̄)

そして、たぶん、
オープニング、紫耀くんの、
アップからのKINGの3人で、
始まるパターンを見たから、、
だからだと思うのですが、
どうしても、昔の紫耀くん達が見たくて、
昔の少クラを遡って見てしまい、
2016年、テーマ『情熱』を、
じっくり見返す。

この日は、KINGちゃんの『情熱の色』が、
オープニング。まだまだみんな幼い。
(この曲も、ほんとは音源化してほしい)

途中、かいちゃんの『TDB』
作間くんの入る前の、四人のHiHiと。
Januarys5として。
このときの曲紹介は、
那須くん、藤井くん、龍我くんが、
たどたどしく、紹介(^-^)

このとき、かいちゃんのキラキラは、
尋常じゃないくらいだった。

この頃はラブもいたしで。
屋良くんのレジェンドも、
エビの『Fantastic Ride』も、
ラブと掛け持ちしてる美勇人くんが、
光ってる。懐かしい。
とっつーの、笑顔が好きだった。

当たり前だけど、Princeも3人。。
みんな、若い。
いわち、、可愛いし。。

ところで、
ガラッと話変わりますが、
私はこの頃の、
紫耀くんの髪型が好きだ。

まだまだ、好きの割合は、
私の中で、玉ちゃんが、
かなり大きかったけど、
それでも、ふと気が付くと、
紫耀くんばっかり、見てた頃。。
(完全に玉ちゃんと入れ換わるのは、
オールスターアイランドのとき)

紫耀くんの、
この頃の髪色、前髪の分け方、
たぶん、この頃が一番好きだ。

この頃と言えば、、
ウエストもセクゾも出てた頃。

私は、KINGファンだったから、
彼らはデビューするだろうと、
根拠のない自信と、
それでも、
確実ではないんだという、
不安との中で、KINGちゃんばかり、
見てたから、
当時はあまり感じなかったけど、
キンプリちゃんだけでなく、、
こんなにも、才能のあるジュニアが、
大渋滞してたんだなぁと、、
改めて。。

もちろん、兄組が実力者なのは、
重々承知ですよ。
だからこそ、
実力ある人達が、こんなにもいて、
デビューしてないって状況は、
勿体ないことなんだなぁと。。

今、スノストがデビューしてみて、
やっと、思えました。。

デビューする人材を、
時代の気分と、メンバー構成と、
両方考えて、世に送り出すのは、
やはり難しいことかと、
ただ、今の時代、
役者さんも、
アイドルばりに人気があったり、
実力のある若手が、
ジャニーズ以外にも、
沢山出てきたから。

いろんな角度から、
考えていかないと、事務所としても、
生き残れない時代ですよね。。

だからこそ、
その人材の、
旬の見極めは、
大切なことだと。。

タッキー、、
改めて、このタイミングで、
ジュニア育成に力を入れてくれて、
ありがとうと言いたい。。

やはり、
キンプリのような王道さを求める、
私みたいなファンもいれば、
ストみたいなワイルドさを求める、
そんなファンもいる。

ジュニアたちは、
ある意味『宝庫』なのだから、
大きな視野で、プロデュースして、
もらえることを、期待しています。

King&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。