#ROT ③僕らの航海

king&princeは最強☆

☆ご訪問ありがとうございます☆

『新たな自分を求め、
自らを追い込む若者がいる』

『仲間を見守り、
誰かのために戦おうとする若者がいる』

『二人の挑戦が始まろうとしていた』

今回のROTは、ほとんど、
ドリボの裏側を見せてくれたような回。

玉ドリも少し流れる、もはや懐かしい。

私も、岸ドリを見た初日、
岸くんであることの嬉しさと、
随所に玉ちゃんでない寂しさと、
同時に感じながら観ていましたが、
岸座長の仕上げてきたドリボの世界に、
知らぬ間に引き込まれていました。。

『僕らの航海』

『リアルであるということ』

これは、ジャニーさんが、
大切にしてきたこと。

ボクシングのシーンも、
『素人に見られたくない』と、岸くん。

ギターだって、やったことないのに、
この1ヶ月で、マスターするため、
どこにでも持って歩き、さらに、
高いギターを買った岸くん。
ギターを教えるジンも優しい。

光一くんが、彼らにアドバイスをする、
そのシーンを見れたのは、貴重だ。。

ショータイムのことも、あんな風に、
話し合われてた。
『ファン想いだ』と、光一くんに、
言われた彼らは、、後輩として、
先輩への遠慮もありながら、
こだわりも見せたのか?と。

『自ら考え、自ら選択すること。』

先輩は、後輩に受け継いでゆく。

また、岸くんの稽古を見守るジンの姿。
ストイックな岸くんを、じっと大きく、
広く冷静に見守る、、そんな姿が、
大人びて見えた。。

ジンがニッキに言われた言葉として、
『舞台は船だと思って。
キャスト全員乗ってる。
一回出港したら戻れないし、

ゴールまでみんなで、
やりぬくってゆうのが舞台だ』

風間くんのナレーションも続く、、
『ともに荒波をこえてゆくと、
決めたメンバーの存在があってこそ、

キングアンドプリンスという船の、
航海もつづいていく』

コンサートの映像では、
過酷なスケジュールの中でも、
コンサートに来た人をより楽しませるか、
試行錯誤の彼ら。
岸くんは、コンサート最中でも、
ギターを離さなかったんだ、と、
分かる。

そして、れんれんとかいちゃんは、
ドラマの現場でそれぞれにがんばってた。
紫耀くんは、かぐや様のプロモーションに、
忙しい毎日だったろう。。

それぞれが自分を成長させ、
紫耀くんが理想とする、
アベンジャーズのように、
集まったら最強の力を発揮する、
そんな状態になってきてるよね。

ドリボ、、
『あの厳しいボクシングの世界で,,』
の台詞のところ、岸くんが光一くんから、
アドバイスをもらって、
あのシーンを自分で、考えたんだなと、
分かって感動した。。

あのシーンは、
ユウタとジンの絆を、
感じさせるシーン。
ユウタが、
ジンのことを幼馴染として、
大切に思ってるというのが、
分かるシーンで。。

『なぜ、ユウタはリングを降りたのか。』
その謎が段々明かされてゆくとき、
ユウタはジンを思って、リングを降りた、、
という事実に繋がるシーンかなと。

初日、
岸くんは、熱を出し喉が、
おかしくなっていた、、
左腕にも、違和感を感じていた。
そんな中で、始まった舞台。

『大切なことは諦めないことだ』
ジンの病室での台詞。
私は、ドリボのこの台詞が大好きです。
ジンが言うと、優しさと思いやりが、
溢れてる。

初日を終えて、、。
ジンは、
『楽しかった。
やりながら、鳥肌がたったシーンとかあった。
すごい経験をしましたね』

岸くんは、
『ジャニーさんを絶対見てくれた、、』

『パフォーマンスは、
もうできるところは全部やったので、
そこはもう堂々と、
ジャニーさんに見せれれたかなと思います』

『もっともっとがんばるので、、』

Show must go on、、、

ジャニーさんの、ジャニーズイズムが、
確かに受け継がれてる、
そんな後姿だった。

king&Prince&Tiara

Mikico☆