9/5ドリボな日。昼公演。

king&princeは最強☆

☆ご訪問ありがとうございます☆

9/5、昼と夜に入ることが出来ました。
昼は自名義、
夜はお友だちに声をかけてもらって、
入らせて頂きました。

ここからは、
私の健忘録として、書いて置きたいので、
ネタバレになります。
回避の方は、Uターンを。。






私的な初日は、9/5の昼公演になり、
9/4のジャニーさんのお別れ会の次の日、
というのも、何かの縁かもと、思いました。

これは、紫耀くんがSHOWたいむを、
アップしてくれたから分かりましたが、
9/4の夜公演を紫耀くんが、
ジャニーさんが、
いつも観てた席の横で観劇。。

9/5の昼公演の、
私の席は、その殆ど前の席でしたし、
最後にジャニーさんをお見掛けしたのも、
全く同じような席で、いつも観てた席に、
いらっしゃったジャニーさん。。

ニアミスといえ、そこに、
紫耀くんも、いたんだな、、と思うと、
ジャニーさんがいること、、きっと、
感じられたのでは、、と思います。

私も、友人も、
今日は、ジャニーさん、きっと、
劇場にいらしてたよね!と、
何か、、不思議に感じる瞬間が同じで。

そのくらい、
ジャニーさんの思い入れのあった舞台だと、
そう思いました。。

まず、始まって、ハッと気づいたのは、
なぜ、岸くんだったか、、
確かな歌声、
確かな演技、
確かなダンス、、
どれをとっても、
いま思えば岸くんなのですが、、
一番は、、、
お母さんとのことなのでは。。

ジャニーさんは、真実こそが、
人の心を動かす、、そうおっしゃって、
勝利くんや紫耀くんに、
自分のお父さんやお母さんのことも、
台詞にのせて、演技にリアリティを、
持たせましたよね。。

岸くんのことは、
分からないけど、
お母さんのことは、、
少し聞いたことあるので、、。

これは、私の私見ですが、
もしかして、ジャニーさんは、
岸くんのお母さんへの思いも、
昇華させてあげたかったのかも。。
親心として。。

ほんとに、勝手な私の妄想です。

途中、そうなのかなって、
思うシーンもあったし、
最後の台詞の清々しさも、
大人になって、分かる、
お母さんの気持ちへの、
あたたかい許しのような、
そんな風にも感じた。。

岸くんに関しては、
その視点から、昼公演は観たので、
それで、私は泣いたのも、大きかったかな。

ジャニーさんは、どこまでも優しい。。

でもね、
もしも、いずれ光一くんのshockを、
受け継ぐなら、岸くんかなとも思うので、
とにかく、舞台人としての、研鑽を、
積ませたかったことも、あるかなと。

今回、その片鱗を多くの観客に、
印象づけたのは、 神宮寺くんだろうと。

そのことは、また次に書きますね→→→

King&Prince&Tiara

Mikico☆