少年倶楽部パワーソングセレクションPART2前半

☆ご訪問ありがとうございます☆

少クラのパワーソングセレクション、、
PART2楽しみにしてました(*^^*)

しっかりリアタイして、
今日こそはって想いを胸に。。

今日は、
Princeの楽曲が流れて欲しいなって、
途中から、
祈るような気持ちで観てました。。。

意固地になってるわけではないけど、
KINGだけ、ジュニア曲がかかって、
Princeがないって、、どうしても、
納得ゆかず。。

私は、KING担だったのですが、
そんな私でも、どうしても、
納得いかなかった。。

いわちは、お休みしてるだけなんだけど。。
スノの楽曲がかからない理由とは、、
違いますよね?

サマステも、敢えて、
いわちのいないバージョン??
と悲しくなってました(ノ_・。)

でもね、、
キンプリちゃんの最後の曲は、
『君を待ってる』だった。。
それは、スタッフさんの、
せめてものお心遣いなのかな、、
そう思うことにしました。

くしくも、ひとつ前の投稿で、
私も、書いてました。。

「いわちを待ってる」



『君を待ってる』には、
そんなスタッフさんの思いも、
込められてると思いたい。。

それを、思ったのは、、
トラジャの『夢のハリウッド』
こちらは、松松がトラジャに加入して、
初めての夢ハリ。
今回のには、カットだったけど、
スモークから現れた彼らの、
ひとりひとりのアップから、
始まった夢ハリ。。
会場がどよめいてるのが分かったし、
私も、テレビの前でどよめきました。

同じ年の10月は、梶山くんが、
最後の夢ハリで。。
12月には、、松松が入って夢ハリ。

この松松の初『夢ハリ』を流してくれた、
そんなスタッフさんだから、、と、
思ったのでした。

そして、ストといえば、
『この星のHIKARI』
しかも、2015年。。
少クラで、
いろんなバージョンが
あったわけですけど、
初々しいストにしたんですね。

なので、
随所に愛を感じられたのです。

物事は、捉えようだし、
そして、いろんな角度から、
見ることが大切で、
そこには、
深い意味がある場合が、多い。

Prince単独が、
なかったのは、残念ですが、、
その代わり、HiHiや美少年、
侍、少年忍者、、
ジュニアの成長や変遷を、
堪能するには、Part2は、
良かったてすね(*´∀`)

では、続きは、
今現在ジュニアな子達について、
見ていきたいと思います(*^^*)
後半に→→→

King&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。