岸くんが、岸くんである限り。。

king&princeは最強☆

☆ご訪問ありがとうございます☆

私の担当は、紫耀くんです(°▽°)
と前置きして、何度も、
岸くんのことを書いてきました。

それが何でかな?というのが、
スカッとジャパンのこの流れを、
見ると、分かるなぁと。

岸くん、新シリーズの、
『ポジティブシンキング、スカッと』に、
抜擢。。
それは、岸くんゆえに、
勝ち取ったものだって分かるから。。

そして、
めざましのコメント聞いて、
少クラでのとっさのコメント等々、
思い出して、、そういうことかと。

神定員からの、
ポジティブシンキング、スカッと。。

岸くんの今どきいない、
『いいひと』なところ、、、ずっと、
キンプリの良心と表現してきましたが、
それが、内村さんたちに見つけられて、
あのキャラを、大事に取り上げてもらい、
バラエティでの存在の流れが、、
ひとつの方向に向いた。。

それは、計算でも野心でもなんでもなく、
向上したいという岸くんの姿勢だったり、
誠実でいたいという岸くんの思いだったり、
リーダーとして、重圧を感じながらも、
最年長は、がんばってきた。。

だから、
ファーストアルバムのことを、
一言で言うと??と聞かれて、
『アルバム』って言うところも、
理由を聞くと、素敵なことを、
考えて、その言葉を選んでる。

思い出の写真を、
一枚一枚貼ってゆく、
アルバムに、例えるところ。
すごく、秀逸な例え。。

ちゃんと、説明する前に、
つい、岸くん節で話してしまう。

それは、芸人でいうところの、
笑いの神が降りてるような状態だ。

そういうところが、
お茶の間に受けるのだ。。

紫耀くんの場合は、
『岸くんの背中を何度こすったか』
と言ってるところを、
テロップは、『さすったか』って、
直されてて(^_^;)(^_^;)

『岸くんは、こう見えてガラスの少年、、』
と、紫耀くんが、言った後、
『ガラスのハート!』とつっ込まれる位、
秀逸な天然ぶりだけど、
ギリギリ、ネタみたいに思われて、
天然な『ふり』してるのかと、
誤解されるよね。。

これは、ずーーーっと紫耀くんを
見てきた人には、分かることだけど、
計算でもネタでもなく、とっさに、
出る天然な言葉たちなんですよね。

ただ、
紫耀くんの場合は、その場の空気も、
自然に読んでるので、求められることを、
無意識に『してしまう』勘所の良さが、
ある。。頭の回転が早いから。。

キンプリみんな、純粋なんだけど、
いろんな意味で、ちょっとづつ、
在り方と、見え方が、違うので、
誤解を生むようなとこも、ある。

ただ、
岸くんだけは、、
本当に純粋培養な天然さが際立つ。。

キンプリの未来は、
私は、リーダーとしての岸くんに、
かかってると思ってて。

岸くんが、10年経っても、
この存在感のまま、
いられるグループだったら、
世間的にも、岸くんをこのまま、
あたたかく見守ってくれたら、
キンプリは、大丈夫な気がするのです。

あくまで、自担は紫耀くんです(笑)
でも、私が岸くんを好きな理由は、
こんな意味でなんだなって。。
やはり、箱推しですから、
グループの将来は、、と考える。。

紫耀くんは、圧倒的な華が、
世間の意地悪な目線も言動も、
跳ね返すだけのパワー持ってますから。
心配ゼロです。

本人は、本当にがんばってる。
心が折れそうになりながらも。
それも、知ってる。
だから、岸くんがいてくれることが、
紫耀くんの心の平安では、と思う。

大きく重く肩に乗った重荷を、
半分担いでくれたのが、
リーダー岸くんだったから。。

岸くんの背中をこすったのは、
支える気持ちから。。
支えられていたから。。
と、見てとったのは、私だけかな?

とにかく、私が好きなのは、
紫耀くんと岸くんの絶妙なバランスである。

それは、ずっとずっと、
変わらない。。
太陽と月のような二人を。
遠くから、でも、
いつも側に感じながら、
愛でていきたい。。

しょうれんや、じぐいわや、他にも、
いろんな組み合わせには、
それぞれ別な思いがあります(°▽°)

そんなことを、書きたくて、
ブログを続けてるのかなって( 〃▽〃)

King&Prince&Tiara

Mikico☆