2018年、キンプリの奇跡の軌跡。

king&princeは最強☆

2018は、怒濤の1年で、
私たち、ファンでさえ、
ついて行くのに、必死。
なので、当の本人たちは、
周りの急激な変化に対し、
どんな気持ちでいるのか、
すごく気になってました。
そこで、タイムリーに、
紅白リハの、
インタビューでの、
2018年の1文字。
詳細はこちら→→→
『人』
*メンバーカラーで表現してみました。
懐って2文字?』の天然っぷりと、
『いろんな人の懐からいろんな人の技術を
泥棒のように盗んで』の独特な表現は、
紫耀くんらしい。。
私は、紫耀くんの、
この言葉のセンスが、
モーレツに大好きだ♥️
それぞれに、それぞれらしい、
1文字を選んでて、素晴らしい✨
いわちがいたら、何の1文字を、
選んだろうか。。
とても気になる。
きっと、いわちなら、
ティアラへ向けての、
想いを込めた1文字だったのでは。
そう思ってしまう✨
いわちは、ティアラに、
1文字をベールに包み、
プレゼントしてくれた💝
それぞれの心で、
想像するのも、
悪くない。
私も、いちティアラとしての、
今年の1文字を考えてみた。。
キンプリちゃんが、
大きく飛躍し、
大活躍した2018年。
私たち、ティアラも、
躍動感に溢れる年で、
愛・感謝です(’-’*)♪
目まぐるしく躍進をとげた、
彼らですが、今年のはじめ、
デビューは?と躍起になり、
ヤキモキして、明けたのも、
つかの間、デビュー発表に、
小躍りし、喜んだ1/17の日。
12/31、いよいよ夢の大舞台、
紅白のステージが待ってます。
一躍、名を馳せた彼らとして、
世間は、見ているかもですが、
ティアラは知ってます。。
彼らの努力や葛藤や痛みを。。
だから、誇らしく、
今年の功績に対し、
歓喜雀躍している、
ティアラなのです。
by Mikico
作文してみました(笑)
👑2018年のキンプリ👑
ここからは、私が一年感じたことで、
振り返ります。
⚠️かなり、長文です⚠️
よろしくお付き合いお願いしますm(__)m
①彼らはピュアであること。
ダマされた大賞での紫耀くんは、
本当に紫耀くんそのままでした。
一生懸命お蕎麦を食べたとき、
おばさんに、謝りに行ったとき、
池に躊躇なく飛び込んだとき、
ろくろでなく自分がまわったとき、
梅干しを食べたとき、、
いつも、その時一緒にいる人のことを、
すごく思って、思いやりの行動に出る、
そんな紫耀くん。
池に飛び込んだ時は、躊躇なく、
目の前に救うべき人がいるなら、
絶対にそうする紫耀くんがいる。
『ジャニーズやめて、
自衛隊に行こうと、、』
誰かを救いたい、、その気持ち。
私たちファンは、あぁ、紫耀くんだ、
と思うし、お茶の間も、いい子だな、
って思いますよね。。
でも、、
紫耀くんが人間不信にならない程度に、
してあげてください゜゜(´O`)°゜
いくら番組だからといえ、、、。
岸くんも、ドッキリに対して、
ちゃんと失礼にならないよう対応して、
バラされたときにおいても、
芸能人になったって気がします
と言ってたけど、、彼らは純粋なんです。
でも、その面を見せること、
大事なのかな。。
『国民的スター』の階段を、
確実に登ってる彼らだから。
国民的という形容詞は、
ジャニーズでは、SMAPのものだった。
今では、嵐、ですよね。
そこを越えれるのは、
今のデビュー組では、
彼らしかいない。。
自担であることを、
差し引いても、そう思います。
王子の路線だけでなく、
バラエティも出来ること、
お茶の間にも、知ってもらう、
必要はありますよね。
一番は、彼らの純粋さを、
知ってもらいたい。。
いわちの離脱に関しても、
今までのように、隠すのでなく、
さらけ出していくことで、共感も、
生まれる。。
何より、パニック障害で苦しむ人の、
希望になっていけるかもしれない。
いわちの復活には、その意味もあると、
思っています。。
②デビュー後、
彼らを取り巻く世界が、
急激に変わったこと。
今年の彼らは、エース紫耀くんが、
引っ張りながらのスタート。
そして、今年が終わるときには、
彼らはそれぞれに、自覚をもって、
デビュー組としての自分を歩み始めた、
そんな風に感じます。
👑数々の歌番組に、沢山の衣装で出演。
↑デビュー曲に、
こんなにバリェーションがあるのって、すごいこと。
歌番組を見る度、今日はどんな衣装だろう、
と思いながら見るのは、楽しかった♥️
↑乗馬スタイルの黒ブーツで、登場した時の衣装が、
一番好きでした(〃ω〃)
👑紫耀くんの花晴れの成功で、
ファンが急増。そこから、
他のメンバーにも移行した人も、
多くいたのでは。
ファンクラブは、現在30万人ごえ。。
ちなみに、私は、ジュニア情報局からの、
お知らせ30分以内で手続きするも、
2200番代。その日だけで、
5万人以上には、なっていたはず。
↑忘れもしない夕方18時のお知らせでしたから、
それでも、24時までの間の伸び方半端なかった。
花晴れは、人生初のエキストラ参加もして、
バッチリ画面に映ったのは良い思い出です♥️
👑シンデレラガールのセールスが、
歴代2位の売り上げ。
もちろん、
これがジュニアからの実力の底力を、
表してると思います。
ハイタッチ券のことがあったとしても、
すごいこと。ユニバーサル版には、
ハイタッチ券はついてなかったですから。
↑KAT-TUNの1位は6人がそれぞれにセンターの
ジャケ写だったので、6形態。
私も全部買いました。ということです(笑)
ハイタ会では、いまだに、
岸くんのハイテンションさと、
紫耀くんの横顔が目に焼き付いてます。
あとは、列が速すぎて(T-T)
でも、みんな華奢だった。。
👑ファーストコンサートツアーが、
新人とは思えない内容だったこと。
その後、キスマイのドームに行くと、
あぁ、まだここにはかなわない、、
↑誰目線(笑)
と思いましたが、ファースト魂とは、
思えないセットやセトリだったかと。
何より彼らが、堂々としていた。
これは、ジュニアという下積みを
経てきているジャニーズの仕組みが、
そうさせるものもありますよね。
さんざん先輩のバックについて、
予行演習しているようなものだから。
やはり、下積みは、大事。。
その間での、かいちゃん事件は、
未だに、謎です。。
情報の漏洩を、未然に防げたはず。
何か意図があったとしか思えない。
案の定ですが、、
かいちゃんにとって、良いこと、
あんまりなかったような。。。
あんなに、かいちゃん可愛かったのに、
やはり冷めた目で見てしまうところが、
どうしてもあります。。
アイドルとしての自覚の部分で。。
ごめんね。。
信頼の回復には時間がかかるのです。。
個人的には、宮城の復活当選。。
神席過ぎたこと。
お友だちとワイワイと、
泊まりで、キンプリ愛を、
語ったこと。良い思い出です。
👑バラエティで、その天然っぷりを、
遺憾なく発揮したことと、ROTでの、
素の彼ら。。
バラエティは、紫耀くんや岸くんは、
前述した通りですが、
れんれんの隠れ天然っぷりや、
ジンの国民的彼氏をネタにするとこ、
終わりごろになって開花してきたような。
来年はもっと花開くような気がしてます。
↑根が関西仕込みなので、すみません💦
やっぱ、私的にオモロイが一番なんで(笑)
この二人は、真面目に振りきれれば、
振りきれるほど、オモロイとこが、
出てくる、そして、カッコイイって、
感じになって欲しいなと。
だから、映画はとても楽しみです。
たまたまかもだけど、
この二人を組ませたのは、正解です。
かいちゃんは、あまえんぼ天使キャラと、
常にメンバーが大好きと叫んでいる弟キャラは、確立できたかな。
↑かいちゃんの言っていた、
ファンとアイドルの関係性については、
大いに共感してます。だからこそ、真摯にね。。
いわちは、姫なのか王子なのか分からない(笑)独特な世界観で、
↑いわちの一番好きなとこです❤️
いつも常にティアラのことを考えている人
でいてくれた。。
待ってるからね。。ゆっくり戻ってきてね。
👑リーダーが、岸くんであること。
なんと言っても、岸先生。
この人がリーダーでいることが、
キンプリの良心でいて真心。
昭和の香りが満載なのが、
すごく懐の深さを感じさせる。
『肥』と、今年の1文字を選んでましたが、
岸くんは、歌も演技も抜群で、
音楽をよく聞き小説をよく読み、、と、
大変な努力家。。
エース紫耀くんとのコンビネーションが、
抜群だなって思わせてもらいました。
先輩に可愛がられる後輩キャラは、
すごく大切。。いつか、ほんとーに、
先の未来、光一くんの舞台を引き継ぐのは、
岸くんかなって思ってます。
個人的には神店員の岸対応が好き💜(笑)
👑舞台に始まり舞台で終わる。
そして、紅白という大舞台とカウコン。
今年のお正月には、
まだ何も発表がなかった。
誰もデビューのことは、知らなかった。
1/17運命の日。
舞台をたまたま、
最初と最後で観ることになってたので、
彼らの雰囲気がガラッとかわっていたのが、
印象的でした。
千穐楽で、ヒガシが、
『デビューが決まったKing&Prince!』と、
言ったときの、何だかその響きに、
まだ慣れない違和感と嬉しさが、
入り交じった感情は、忘れられない。
そんな彼らが、自分達のグループ名が、
タイトルについた舞台を、この年末に、
していること、、誰が予測したろうか。
↑デビューしたから、忙しくて舞台を、
逆にしないのでは、、と思ってたので。。
そして、、、
デビューイヤーに、紅白。。
もう文句なし。。
うたコンに呼ばれてるところからも、
紅白への道だなって思ってたので。。
↑来年はキスマイを。ぜひ、紅白へ。
カウコンも、タッキー引退と、
キンプリ初が、重なり平成が終わる。。
 
新しい元号とともに、
ジャニーズにも、
新しい歴史が始まりますね。
そして、、
もう3人づつではなく、6人だから。。
King&Prince&Tiara
Mikico☆