#ROT 重たい1ヶ月を振り返り、日経エンタでの答え合わせ。

king&princeは最強☆

バーチャルとリアルの同時進行。

キンプリが、『シンデレラガール』を、
王子様の衣装で、歌い踊る。。

2018/1/17、
デビュー会見の日の衣装は、
見慣れたジュニアが着る、
先輩のお下がりをリメイクしたような、
衣装だった。

そこから、シンデレラガールだけで、
何着の衣装を身に纏い、歌ったのか。

どれだけ、新しくデビューした新人を、
名が体を現すかのようにしようとしたか。

あの衣装の数に、誰もが事務所の本気を、
感じたことだろう。。

そして、見事に彼らは、
『国民の王子様』としての地位を得た。

でも、それと真逆の面を浮き彫りにする、、
そんな可能性のあった、
ドキュメンタリーという手法を、

何故、用いたのだろうか。。

私は以前、『光と陰』ということを、書いた。

眩しいほどの強烈な光があたるほど、
濃い影が出来ること。。

時代なのだろうか。

ドキュメンタリーとして、流れてくる、
映像は、見ている私たちへ過酷なまでに、
彼らの苦悩を、浮き彫りにして、見せた。

そこも、しっかりと描くことで、
バーチャルな世界の住人だった彼らから、
一気に、体温のある生身の人間としての、
痛みが伝わってきて、心が折れそうだった。

多くの人から漏れ聞こえてきた言葉。
そこは、傷が風化してから、
彼らが回想として、
『あの頃はこうだった』(今だから言える)
ということで、良かったんじゃないか、、と。

でも、同時に描くことで、
彼らのデビューが決して、
ぽっと出の新人ではない、
十分下積みした玄人だと、
世間が知ることが出来た。

特に、
花晴れからのファンの方には、
強烈だったのでは。。

私は辛うじて、ジュニアの頃の彼らが、
デビューするのか、しないのか、その、
『一喜一憂』の中にファンとしていた。

だから、『そうだったよね、きっと。』
と思える部分もある。
でも、新規の方には、驚きがすごく、
あったのでは。。

最後の結末が、
いわちの休業だから、余計にだ。。

リアルこそ、感動を与えることが出来る。

ジャニーさんが、大切にしていること。
ドキュメンタリーという『リアル』が、
より『彼らを応援したい!』という、
空気感に繋がったのは、確かだと思う。

巻き込み方として、成功してる。

ただ、ドキュメンタリーも、
どの部分をクローズアップするかで、
微妙に伝えたいことという、虚構になると、
私は思っている。

自分が、ドキュメンタリー番組に、『参加した時』、制作者の意図に書き換えられたという経験があるので。。

↑↑↑ここまで書いて、

日経エンターテイメントを読んだ。

『彼らが見せている
新しいアイドル像とは』
その切り口からだと、余計に、
私が思っていたことが確信となった。
やはり、一番納得した箇所は、
『ROT』のスタッフのコメント。
議論に議論を重ね、
『タレントの内面を
きっちり見てもらうのが
これからのアイドル像なのでは』
と。
そして、
輝いている裏にある
ひたむきな部分や
人間味も包み隠さず見せることで
得られる共感の両軸が大切な時代
大いに納得したのです。
やはりそうだったんだ、
とね。
花晴れ後に、彼らを知った人には、
重たすぎる内容だったと思いますが、
ジュニアの頃から知ってる人達には、
『そうだよね、分かる、、
そう思ってたんだね、、、
やっぱり、、』ってゆう、
そんな共感が少なからず、
ありました。
キラキラの王子像から、
想像できない、生身の、
彼らのリアルというか、
そこを、元々、
ジュニアからのファンは、
何となく空気感でずっと、
読み取って来たから、
支えようと思えるのだと。
そして、、
いま、SNS時代だからこそ、
よりそこが求められるのかと。
なので、ROT放送後は、
スタッフさんの、
読み通りの結果になってると、
思います。
時代の寵児
という言葉がありますが、
まさに、彼らは今そこに、
すっぽりとハマったのです。
朝の帯番組露出の効果も、
もちろん、書かれてある。
さらに、
メンバーひとりとりの紹介も、
日経さんならでは。。
彼らが言ったであろう言葉の、
拾い方も、やはり他の雑誌とは違ってる。
他の雑誌のインタビューなどで、
知ってることも、あるんだけど、
より彼らのリアルさの中で、
語られてるように思います。
先輩ジュニアという存在。

インタビューの中で、先輩を追い越して、デビューしたことについても、やはり、気負いと決意があることを語ってる。

その人たちに、ある意味認めてもらえるがんばりをしなくてはならない。

それは、選ばれたものの宿命。

いろんな意味で、彼らは、華やかさだけではない世界にいる、その想いを情熱を、胸に抱いている。

音楽という入口から。

座談会の彼らも、
いつも通りなんですが、
どんな戦略でいこうと、
思ってのことだったかとか。
今の自分たちに足りないものは、
『全部』だから、
努力しないといけないとか。
デビュー曲であるシンデレラガールが、初週売上第2位であることも、悔しかったとか。。
6人並んだときの圧倒的な顔面力に
少々たじろぎつつ』と、インタビュアーさん。
そう言わしめるキンプリちゃんの顔面は国宝。
私的には、
音楽という入り口から
好きになってもらえれば
というのが、
ほんとに嬉しかった✨
私は、いつも好きになるときは、
音楽からだったから。
KAT-TUNも、
キスマイも、
エビも、
ウエストも、
音楽からでした。
紫耀くんのことも、
2014年のドリボのとき、
『時計を止めて』を歌う、
紫耀くんに魅了されたとこから、
始まってます。
そして、最後に一言だけ(^_^;)
やはり、いわちがいてこそ、
King&Prince👑
それだけは、間違いない。。
これも、強く感じさせてくれました✨

King&Prince&Tiara

Mikico☆