JohnnysWHLwithYOU、Day1

☆ご訪問ありがとうございます☆

ハッピーライブ1日目は、
キンプリちゃんが、大御所二組に、
挟まれる形で、登場。。
順番や組み合わせにも、勝手に、
意味を感じてしまうので、
すごいとこまで来たものだと、
思いました。

ただ、全くこの3組の、
絡みはなかったので、
本人達は、そのことを、
感じる間もなく、自分達の、
パフォーマンスの完成度に、
集中していたようにも、思いました。

キンプリちゃんの本編。
有料コンテンツなので、
私の感想を中心に。。


【起承転結のあるステージ】

まるで、
コンサートのダイジェスト版のような、
選曲と構成に、彼らはファンのことを、
考えて、作りこんだんだろうと思えた。

同時に、自分達の代表曲を、
最初から、3曲並べることで、
初見の方にも、聞いたことある!と、
入ってきやすさも作って『王道』な、
始まり方をしたように、感じる。

若さをしっかり前に出して、
駆け回るように歌う彼らは、
コンサートさながらに汗をかいて、、
収録されてるというより、
ほんとのコンサートばりに、
力をいれてくれてるのも、
画面越しに、伝わる。

また、それをカメラが終始近くにいて、
映し出してくれるからこそ、
それも、伝わってくるのだと。

なかなか、横アリのステージで、
あんな風に映して見せることは、
実際のステージではないから、
(メンステからセンステへの花道を、
アップで映し続けるとか)
貴重に感じた。

koi-wazurai、途中で紫耀くんが、
『危ない!』って、言ったのも、
臨場感感じさせてくれた。
とにかく紫耀くんは、
どの角度からでも、凛々しく、
エースとしての貫禄十分だった。

そして、毎回不思議な?MC。
ちゃんと考えて臨んでたのか、
途中から、紫耀くんが、
おかしく(笑)しちゃったのか、
照れるれんれんに、
後処理させられる岸くんが滑る感じが、
可愛かった。れんれんの、ゴメンって、
岸くんに言うところも、きてぃれんだ。
岸くんの、キシは、
騎士ではないかというくらい、
果敢に挑みますよね。
でも、
『アウトロー』とか『キャメラ』とか、
伝説の言霊を発する騎士、、
ほんとに、尊い。

ファンサでも、一生懸命で、
その分噛んじゃって、、そんな健気さ、
岸担さんには、グッとくるだろうな、と。

ツイを見てると、
キンプリ担ではない人たちが、
昨日のを見て、
岸くんが歌が上手いと言ってるのが、
見かけられた。
やはり、あのエンジェルボイスは、
いろんな人の心をさらうよね。

歌が上手い、、では、ジンが、
上手くなったと評価してる人も。

【KINGとPrinceの幅広い世界観】

そして、FC動画で、
KINGとPrinceに分かれて、
別々のパフォーマンスと予告されてたので、
どの曲が来るかと、予想してましたが、
Princeは、『Prince Princess』
KINGは、『CHANBARA』
これは、、盲点つかれましたね。

Princeは、ドリボを持ってくるかと、
思いましたが、
それだと、あまりにも、
2人になった感が、
出てしまうからだろうか。。

今年、
もう帝劇のドリボも難しいと思うので、
ドリボファンとしては、
ここで歌ってくれるかと思ってましたが、
いわちといわちファンのことを、
考えたんだよね。

ブリプリで、あの3本のマイクを使った、
パフォーマンスは、いわちがいないと、
出来ないと思ってました。

だから、前回のコンサートでは、
トロッコで、6人で歌って、
『みんなこの星のPrince、Princess』を、
紫耀くんが可愛く真似して、
その演出は良かったんですが。。
今回、私的には、、
かえって、いわちがいない、、を、
浮き彫りにさせた感があって、、
辛かったです。

でも、他のグループのファンの方々や、
いわち不在後のTiaraのみなさんには、
どれだけ、
彼らがその場所を健気に守ってるか、
それは、伝わったとは思います。

でも、
脳内でいわちの声が、
再生される者としては、、
成長して大きくなってゆく彼らに、
いわちがどの地点で追いつくのか、、
いつも気になっては、心の奥底に、
しまってるモヤモヤしたものが、
ふと現れました。

しかし、そんな気持ちを、
引きずらせないKINGの、
チャンバラ、、。
思わず、え!っと止まりました。

舞台のみで披露されただけの、
今の時点で幻のパフォーマンスが、
こんなに、一気に公になるなんて!

【コンサートさながらの構成】

KINGの覇王感がMAXになったころ、
岸くんとジンが、現れて、
『YOU WANTED』
さっきまで、可愛く歌ってた2人とは、
別人になって、ジンが煽る。
この流れで、一気にコンサートが、
盛り上がる演出にしてる。

さらに、メンステからセンステ向かって、
花道に飛び出す瞬間は、さながら本物の、
コンサートを観てるようだった。

ここで、満を持して最新曲、
『Mazy Night』を、披露。
特効も、素晴らしい。コンサート仕様だ。

衣装が、
ドラマの世界観の、あの衣装でなく、
華やかな赤黒の衣装であるのも、
楽曲に新たな彩りを与えてたと思う。

私は『Mazy Night』の衣装も、
彼らの今までのイメージにない、
世界観で好きですが、
華やかな衣装で歌うことで、
king&Princeの世界観に、
楽曲を引き寄せた気がした。

【起承転結の最後には、、】

そして、トロッコに乗って、
またしても、それまでの世界観を、
ガラリと変えるファンサタイム。

『Mazy Night』のカップリング、
『love Paradox』は、
そうそう、こんな場面に向いてるよね。
きっと、ほんとのコンサートでは、
こういう風にしたかったんだよねって、
分かる。。  
テンションMAXな岸くんの横にいる、
かいちゃんが、可愛くて可愛くて。 
遠目で映った2人の仕草が可愛かった。

個人的に、
この曲は、Aメロのメロディラインや、
サビのコード進行が好きで、ポップなのに、
ちょっとキュンとする曲になってるのが、
気にいってる。

メンステに戻った彼らは、
大階段に並んで座る、、ファースト魂の、
スタッフさんとの記念写真の時みたいだ。
きてぃれんが、カワイイ。

起承転結の最後は、
『KPQP』

これは、コンサートでは、
ラストマストとも思える曲になった。

紫耀くんは、泣いてたのか、
汗が目に入ったのか、
たぶん、汗なんだと思うんだけど、
泣いてるのかなって思うとこが、
あった。。

みんなそれぞれに、いい表情していた。

3年目に突入して、
勢いが増してる彼らを、
現場で観ることが出来ない、
感じることができないのは、
少し寂しいけど、、
一生懸命届けてくれたファンへの愛は、
しっかり受け取ったよって言いたい。

これが、今の彼らだって、
パフォーマンスだけでなく、
熱い想いを、全力で届けてくれたことを、
胸に焼き付けたいと思いました。

なので、毎日、しっかり何回も見たいと、
思います。

king&Prince&Tiara

Mikico♡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。