少年倶楽部パワーソングセレクションPART1前半

少年倶楽部は宝島

☆ご訪問ありがとうございます☆

『少年倶楽部は、ジュニア史である』

この状況の中で過去映像を放映するのは、
自然な流れですよね。
本当にありがたい限りであり、
オープニングに選ばれたのは、
KINGちゃんたち。
そして、
最後は、キンプリちゃん。
※厳密に言うと、エンディングは、
『勇気100%』こちらは、
チビしようれんかいの記念すべき、
センターポジション。

私は、
KING担で、キンプリ箱推しで、、
何にも文句はありません。

幸せです。

概ね、、。

なぜ、概ね、、と、
言ってしまうかというと、

Princeは?から始まりました。

そう!パワーソングというなら、
『描いた未来』が入って欲しかった。
Part.2が、5/8(金)にあります。
そこなの?と淡い希望を、まだ、
持ってます( ;∀;)

そのPrinceの楽曲がない、と、
気付いた時点での、、
スノもなし。
こちらは、
岩本くんの活動自粛によるもの、、
ですよね。スノだけないのは。。

HiHiだって、、自粛のときは、
不自然にカットされた回があったはず。

2017年~というのも、
セクゾがレギュラーで出なくなったころ?
かな。。

そうちゃん、いわち、、。

今回は、いわちがいない『Memorial』
いわちのいない『シンデレラガール』

確かに、最後の『シンデレラガール』は、
岸くん振り付けで、ジュニアたちも、
沢山参加してて豪華です。
でも、いわちがいないバージョンなら、
そのいわちのいない場所を、
さりげなく埋めてくれた、河合くんが、
入るバージョンも好きなんだけどな。。

2018年は、キンプリデビューの年、
『シンデレラガール』を、
少クラで初披露した回も、初々しい彼らが、
素敵だったなぁとか。。
その瞬間でもなくですね、、。

パワーソング、、確かに。
『シンデレラガール』なら、みんなで、
歌ったものの方が、その意味合いは、
強いと判断したのかな。

気を取り直して、、嬉しかったこと!

今回は、メドレーを1曲分と、換算すると、
全27曲。
ありがとうございます( 〃▽〃)

まずは、冒頭にも書きました、
KINGちゃんの、『心の鏡』(SMAP)。
いきなりの登場に、
心臓がバクバクしました(笑)

この頃は、当たり前だったのに(^-^;
少クラは、KINGちゃんのアップから、
始まる、、そんなころ。。
そうじゃなくなったときは、
やっぱり寂しかったかな。。
デビューが決まったからだというのにね。

そして、2曲目からは、
2019年の美少年や、HiHi、スト、
ごく最近という感じですが、
そんな中、『関西アイランド』は、
2018年の関ジュ、、
ジーコや室くん出てて、なんだか、
ノスタルジックになりました。。

こちらは、なにわ男子が結成される、
直前の放送だけど、収録はもっと前だから、
どこまで、、、
この時点で彼らは知ってたのかな、と、
色々考えてしまいます。。

2017年の『太陽がいっぱい』は、
猪狩くんが、ケガしてた時だから、
いないんだよね、、とかも。
それにしても、金指くんが、
可愛い(´・∀・)
そして、全体に美少年たちが、、
かわいい。
このころは、東京B少年のころ。

『3秒笑って』に、ラウールがいるのも、
今となっては、貴重な映像。。
スノの曲が出せない分、ジーコや、
ラウールの姿も見せてくれたのかも、と、
深読みしてしまう。
全く関係ないかもだけど(^-^;(^-^;

そんな風に見ていくと、、
ほんとに、少年倶楽部には、
ジュニアの悲喜こもごもが、
詰まってる歴史なんだなぁと、思う。

長くなったので、続きは、
また後程→→→
なので、タイトルややこしくて、
すみません(°▽°)(°▽°)

King&Prince&Tiara

Mikico☆