有終の美に相応しい祭。

☆ご訪問ありがとうございます☆

【始まったカウントダウン】

最近は、嵐の『Turning Up』を、
よく聴いております。

そして、MVもよく観ています。
最初に、このMVを観た時、
何か、、似てるというか、
こういうの前にもあったなって思ったのが、
SMAPの『JOY』でした。

少し前になるので、
ちょっと思い返してもらいたいのですが、、
あのときも、
すごく大勢のエキストラを巻き込み、
大規模なパレードのような、
ミュージカルのようなMVでした。

私は、SMAPは、
国民的なアイドルとして、
国民として好きでした。

だから、熱狂的ファンではない分、
見方がうがってるかもしれませんが、、
ご容赦くださいm(__)m

あのころ、もちろん、
解散なんて全然考えられなかった頃、
ご本人たちは、
どうだったか分からないけど、
もしかすると、
もう『これからの構想』
ってあったのかなと思われる時期かなと。

それは、私の推測でしかないから、
合ってるかどうかは分からないけど、、
意識的でも無意識的でも、
終わりに向かっての美学が、
発動していたのでは、、と、
勝手に考えてます。

例えば、、
祭って、楽しいけど、準備が一番楽しくて、
終わる頃には、ちょっと寂しくなる。。

卒業式とかも、同じ感覚で、
悲しいんだけど、次に向かう希望のような、
胸踊る鼓動もあって、少しうれしい。。

本来的には、
プラスの気持ちとマイナスの気持ちって、
同時に感じること出来ないらしいのですが、
なんだか、物悲しさと、
楽しさが同居してる感覚、、
(だから、私がラテンとか、
キューバンミュージックが好きなのですが、、)
それを、今回の嵐の『Turning Up』と、
SMAPの『JOY』に感じたのだ。

曲調が似てるとか、
そういうのでなく、
楽曲に流れる気分、
とでも言うといいでしょうか。

何か次に向かってる人達の、
すべてを包括したあたたかみ、、
のようなもの。。

嵐の場合は、宣言してる分、
受け止めやすい。
そして、もちろんこの曲だけでなく、
世界発信というプロジェクトの一環、
そういうのもあり、、
最後の一年の使命感というものも、
感じるのだろうか。。

私は、嵐は、
国民的アイドルとは、
もちろん思ってますが、
色々あって、嵐を通ってきてないのです。
ジャニーズからは、離れていた時代に、
彼らは、大きくなっていった。。


今ごろになって、
この一年、嵐を見届けようなんて、
センチメンタルな気分になってる。
そうなれたのも、この『Turning Up』
という楽曲のおかげだ。

嵐の曲は、素晴らしい曲ばかりで、
やはりヒットするのは、当たり前だなって、
思える良い楽曲のオンパレード。

私が好きなのは、
『Step and Go』
『truth』
『Happiness』
などだが、
もちろん、デビュー曲には、
国民として、馴染み深い(笑)

でも、うちのアレクサが、
ランダム再生で流してくれた、
『A-RA-SHI:Reborn』も、
とっても気に入りました。

なんで、こんなにスペーシーで、
映画音楽みたくドラマティックに、
なってるのかな??と思ったら、、
こういうことだったんですね(°▽°)

これは、MVを見ると、曲のアレンジの、
壮大さに納得がいく。
↓↓↓
『A-RA-SHI:Reborn』
→→→☆☆☆

ここにも、くしくも私が『祭』と、
表現した要素は入ってないだろうか。

世界へ発信する、、
そこにおいて、日本には、
既に世界に誇れるものが、
沢山ある、、そことコラボは、
素晴らしいと思う。

タッキーが、夢枕に、
ジャニーさんが立って、
もっと自分の思うようにやっていいと、
言われたと、ジャニアイの新春会見の、
記事でありましたね。

タッキーは、ジャニーズの、
リビングオブレジェンドの一人なのだから、
現場の最前線に立ってた者として、
この王国を、世界に発信する、
一番適任な人なのだから。。
と、私は大いにエールを送りたいです。

そこに、ついてく人は、
ジャニーズ内外問わず沢山いると、
思います。。
だから、思いっきりやってほしい。

もしも、
嵐の残された一年の幕開けが、
この『Turning Up』から始まるとしたら、
本人たちも、見てる私たちも、
カーニバルに参加しているような、
寂しさもあるけど楽しい一年になるだろう。
(『Turning Up』は予告、
『A-RA-SHI:Reborn』が、
ほんとの幕開けなのかもですが(^-^;)

これは、中居くんが言った、
丸がつけれなかった、、という後悔を、
教訓として、の、
後輩たちの、丸の付け方かなのと。。
↑事前に発表したことこそが、誠意と、
櫻井くんも会見で言ってましたが。。

キンプリちゃんたちには、
まだ遠い未来のことだけど、
『グループとしての人生』の仕舞い方、
しっかりと目に焼き付けておいて、
ほしいなと、勝手な老婆心です(^-^;

その『時』は、いつか来るのだから。。

また、
私的には、今回のグランメゾン東京には、
キムタクの丸の付け方が、あったのでは、
と、思ってます。
それは、また別な機会に☆

King&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。