#横アリ King&Prince 2ndコンサート①

king&princeは最強☆

☆ご訪問ありがとうございます☆

【いよいよ、始まったツアー】

今回は、いわちがいないということで、
どんなパフォーマンスになるのか、
少々の不安も抱えながら、、横浜へ。

コンサートが始まる直前まで、
B盤しか聴いてなかったので、
さすがに、まずいと思って、
予習して、やっと、楽曲が、
なじんできたころ、、

ツアーが始まりました。

19日夜公演からの参戦。

この日は、天井席ではありましたが、
一緒に入ったお友だちと、
『ここがドームだとしたら、
すごく近いよね』ってまず、
妄想して臨みました(笑)

でも、最後は予想通り、スタトロ来たので、
目線の高さに来てくれて、嬉しかったです。

セトリも、流れるようで、
MCまで、ノンストップで、
彼らも走りぬけるように、
歌い踊ってましたが、、
ほんと、若いなって(°▽°)

走り回って、それでも、
あの体力。。すごいなと。

セトリの曲順が私的に、
なるほど!と唸るところがあって、
それは、②で書きます→→

それにしても、客席も、
今目の前にいる人の、
メンカラにしてみたり。
昨年とは、うって変り、
ペンラを活用してる感が、
ありました( 〃▽〃)

もしや、あなた、キスマイファン?
と、思うくらい(°▽°)(°▽°)(笑)

21日のオーラスには、囲み取材も、
あったようですね。

松潤もステージの演出にアドバイスを、
してくださったとか、、なるほど。。
センステの変化の感じとか、
あっと、驚かせる、
流石の演出の連続でした。
このこともまた、②で書きます→→→

【号泣ポイントは、、】

すべて、どんな場面もいちいち、
感動しながら観てたんですが、
特に、今回は『時計を止めて』を、
聴けたこと。。ここが、私的には、
号泣ポイントでした。

まさか、聴けるとは思わなかった。
ジャニーさんへの追悼に、
なったのではないかと。。
元々あった演出か、急遽なのかは、
分からないけど、、追悼の思いを、
込めていたことは、間違いない。。

ジャニーさんが、彼に歌わせた楽曲。
ジャニーさんは、人生の最後に、
すごい人物を見つけた。。

時計を止めてからの、
ドリボのくだり、、紫耀くんが、
2014年のドリボの舞台映像が流れる中、
KINGはここで、誕生したこと、
ドリボが絆を結んでくれたように、
今回Princeに受け継がれること、
それを紫耀くんが、淡々と爽やかに、
語るシーンで、もう胸がいっぱいで。。
岸くんも、ジャニーさんに、
you最高だよと言ってもらいたいと、
コメント。

5人で歌うTDBは、圧巻。。
印象的なのは、岸くんが、
甘く優しく歌い上げるところ、、
裕太から優太へ、、
どんな主人公になるのか。
期待が膨らみました。

そして、紫耀くんをセンターに、
今回は、歌い上げてくれたことで、
紫耀くん座長版を望んでた、
私の望みも少し叶ったような?
素敵な演出を、
ありがとうございました( ´∀`)

Jr.時代の曲を、
5人で歌割りし直して歌ったこと。
ここも、すごく感動的でした。。

サマキンの冒頭のセリフ、
日替りになってて、、
ちょっと戸惑いながら、
セリフを言ってる感と、
それぞれの個性が、
可愛らしかった。

そして、
描いた未来を歌う紫耀くん観て、
なんだか、感動で。。
Jr.の頃のそれぞれの持ち歌を、
5人で歌うことで、統合されてく、
きっと、数年たてば、それぞれの歌でなく、
キンプリの歌になるんだなって。
そう思うと、
歴史が重なる瞬間のようにも思えた。

そして、
プリプリでいわちのパートを、
可愛らしく歌う紫耀くん( 〃▽〃)

うん、そこは、それがいいよね。
真似して、正解だったと。
そこは、いわちのいわちらしい
フレーズだから。。

19日の夜だったかな、MCでも、
改めて真似してた( 〃▽〃)
そういう感じで、
いわちを感じさせる紫耀くんは、
無敵だ。。そんな風に思った。

そして、最後にKPQPで、、
いわちのパートを歌って欲しいことを、
告げたのも、、紫耀くん、、
最後の挨拶、岸くんから始まり紫耀くんで、
終わるこの流れ、リーダーとエースの、
ポジション的に、こうなんだなって。

そして、
紫耀くんの言葉が終わる前には、
会場のペンラがピンクに。。
本当にきれいでした。

それだけで、泣けてきて。。
私も一緒に、、
歌いながら泣いてました。。

【会場の一体感】

彼らそれぞれの挨拶の時は、
もちろん、メンカラに染まる客席。

マホロバは、ピンク率がまだ
低い印象でした。半分かな~、
これは、20日も。
そこまでまだ、浸透してないのですね、
マホロバが作られた意図。
いわちのことを想って書いて欲しいと、
依頼した曲。いわちへの応援歌。。
そのときは、ピンクにしましょうと、
いわち担の方々中心に呼び掛けてる。

KPQPの、
いわちのパート、、
メロディラインがたまたま
低い音の集りになっているので、
会場は、ちょっと歌いにくそう
なので、もしかすると、
岸くんあたりが、
♪もし君の♪あたりまで、
1オクターブ上でリードしてあげると、
いいのかな、、とも思いました。。

その方が、
会場みんなが歌ってるって感じに、
なるような、、、。
例えば、シンデレラガールも、
紫耀くんが、歌ってと促すサビは、
会場が声出てるんです。

やっぱり、いわちのパート、
キーが低いんじゃ。。

1オクターブ上でのリード、
もしくは、メロディラインを、
楽器で入れてあげる
↑生バンドじゃないから、
こっちのが、ややこらしいかな。

昨日の囲み取材では、
ツアーT着てる人、
増えたって( ´∀`)
良かった( 〃▽〃)

ひとつ前の記事でも書いたのですが、
ツアーTなかなかみんなが着てなくて。
どのタイミングで着る??と思ってる
間に着そびれたので、次の日は、
朝からだなと決意して、
家から着ていきました(=^ェ^=)

やっぱり、一体感出ますよ。
こうやって、、
会場も彼らにエネルギーを送れるのが、
コンサートの良いとこだから。

ペンラのカラーチェンジ、
ツアーTシャツ、
始まる前やアンコールの時のコール、

そんなとこが、
一体感生まれるとこだから、
これからもっとTiara達に、
一体感生まれるといいな( ´∀`)

今後のコンサート演出、
ペンラのとこだけは、
自動制御でなく、
キスマイのように、
ファンのあたたかい自由意思のもと、
生まれる一体感を、
Tiaraに、育てさせてあげてください。

なんて、誰目線な感じですが、
ご容赦くださいねm(__)m

徒然なる感想は、②に続きます→→→

King&Prince&Tiara

Mikico☆