5/8 キスマイ #FREEHUGS ファン層の拡大

時々、キスマイLOVE☆

☆ご訪問、ありがとうございます☆

【未知の世界、着席ブロック】

初日から2日間、着席ブロックが、
気になってた、、まず、自分では、
まだまだ、取らないお席。

今回は、お子さんのいるお友達が、
その席を取ったものの同伴者に困り、
色々調整して、
私が行かせさていただくことに。。

結果的に、ここに座れて、
色んなことが『見えた』という感じで、
お友達には感謝しています。

まず、ファンの層の厚み。

未知の世界の着席ブロック、
今回は11ゲートから入り、
アリーナに降りる階段横を上がってすぐ、
49の通路から。
最前列で驚く( *゚A゚)

しかし!!

前の手すりにかかった暗幕で、
外周は見えず、光の海に溺れそうな、
あのレーザー光線は、もちろん、
ここからは、画面で確認するのみ。

ずっと、座ったままというのも不便、
ということを学んだ。
↑いや、贅沢なのは百も承知ですm(__)m

辺りを見回すと、着席という意味が、分かる。
小さい子が多いのだ。。
キスマイファンを長く続けて、結婚して、
お子さんが出来て、英才教育を施す(笑)

私たちのお隣も、どうみても5歳以下ですが、
横尾さんファン。お母さんの好みだよね(^_^;)

私が一緒に行った一歳児も、
スヤスヤ寝てました(笑)
子守唄にキスマイを聴かせる作戦は、
成功していたようです(笑)

そして、反対隣りは、
高齢のお母様と娘さん、、娘さんも、
どう見ても私たちより年上でらっしゃる。
プレパド効果?かな。
とにかく、TVの威力はやはりすごい。。

そして、男性が増えました。

家族連れのお父さんから、
彼女に連れてこられた彼氏、
そんな感じで、年齢層も幅広い、
男性が多くなった。。

これも、彼らのメディア露出からの、
認知度の高さなんだろうし、
奥さんが、長くファンをしていると、
ずっと、家で車で聴いてたらファンに、、
という旦那さんも。。

あと、

彼らが、
男の人からも憧れられる存在に、
なったのでは、、
いま、年齢的にも、
若すぎず、
でも、
若々しく、
そして、何しろクリーン。
どこからどこまでも、まっ白。

そして、仲が良いのだ。。

それは、以前も何故なのかを、
彼らの原体験であろうことを、
書きましたが、、またそれは、
記事をリボーンさせたら、
リンク貼ります。

話が少し反れましたが、
みっくんが、MCで、
会場にコールアンドレスポンスするとき、
『男子?』との声かけに、
反応する雄叫び?が、年々太くなる(笑)

そして、『ちっちゃい子?』って言うと、
いぇーーーい!!という、
可愛い声の存在感が増してる。。

良き事だなって。

国民的アイドルとは、
こうあるべきというのが、
あるのなら、、その片鱗を垣間見た。

彼らの積み重ねた月日は、
彼らを今、真のアイドルに、
着実に成長させていた。。

キンプリちゃんは、
これから、どんな露出をすることで、
国民に受け入れられるのか?
壮大な表現だけど、、この国には、
家族みんなで歌う歌が、いま必要だ。

もしかすると、今回のコンサートの、
冒頭に出てくる、
『音楽の消えた世界』というフレーズには、
そのことが含まれてるのかな。
↑すみません、キスマイちゃん情報、
追えてないので、コンサート観ての感想です。

『ルラルララ』には、
そんな意味もあるのかな。

着席ブロックにずっと沈みこみ、
コンサートの海の底から見えた、
海面の煌めきのような気づきでした。

この席に座った収穫は、
他にも、
ふたつあります。

まず、ひとつ目は、
スタトロの彼ら。
ほとんど同じ目線なので、
近所であったみたいな感じで、
目が合えば、
あ!どうも、、みたいなほほ笑み。
それをくれたのは、みっくんでした。

私が、普段から赤多目なスタイルなので、
ほんとに、その日はみつ担みたいで(笑)

いや、隠れみつ担なんです。
私のアメブロからのブログを、
読んでくださってる方は、
知ってる方も、いるはず(笑)
トラ泣きしましたし、
亜門さんの演出のミュージカルも、
行きましたし( 〃▽〃)
↑自慢することじゃないですよね、
みつ担の方、ご容赦くださいm(__)m

収穫、二つ目は、
見学席が見えたことだけど、
そのことは、トラジャのこととも、
まとめて書きたいです。

この日から、
トラジャのみんなの位置も、
なんとなく、見えてきて、
彼らのため息が出るほどの、
ダンスがあってこそ、
完成した今回のコンサートだと、
私は思います( 〃▽〃)
続く→→→

King&Prince&Tiara
andキスマイ。

Mikico☆