ジャニアイ12/10夜公演②

DSC_9164

☆ご訪問ありがとうございます☆

【見ててね。。】

ジャニアイが始まって、4公演目。
私的な初日。
12/10の夜公演に行ってきました。

紫耀くんが、言った、
『見ててね。。』は、
優しく、儚く、力強かった。
今にも消えそうな灯火の芯に、
確かな火種があるような、、
彼の静かな決意と、優しく、
ほんとに優しく、天国に向けて、
語りかけた、、そこには、
ジャニーさんと、紫耀くんと、
ふたりの交信のような、
ちょっと違う空気感で、その台詞が、
どうしても、心から、離れなかった。

【おかえり、Mr.KING】

そう、、それは、KING担なら、
思わず思ってしまうだろう、、
そんな雰囲気だった、、。

ただ、あの頃と違うのは、
年長者として、唯一のデビュー組として、
若い世代のジュニアを率いていること。。

そこには、あふれでる自信と余裕が、
感じられた。。

彼らが、ジュニアの立場で、
センターに立っていたときは、
いい意味で、先輩ジュニアが、
バックで支えてくれてましたが、
そこには、未熟さも葛藤も、
まだまだあったような気がして、
その後ろから迫り来るもの達の先頭に、
辛うじて立っているようにも見えた。

圧倒的な『華』があって、
存在感もあったとは思います。

でも、、今回は、王者の貫禄。
やはり、『KING』なんだなと。。

6人になって、築き上げたものを、
携えて、余裕の中で、後輩たちを、
牽引していた。。

『みんなの気持ち、分かるよ』

この紫耀くんの台詞に、
私は、ユメアイの時の、
紫耀くんを、思い出す。

『僕、もっとがんばりますから』

何度もそう言っていた、、紫耀くん。
ほんとに、あれからのことを、
考えると『無』って言いたくなるよね(°▽°)

今回も、
紫耀くんの体幹の良さに、
圧倒される。。

紫耀くんの妖艶な表情に、
圧倒される。。

紫耀くんの無邪気な笑顔に、
顔がほころぶ(笑)

美 少年とのからみで、
早替え前の笑顔にやられました。
あと、
かいちゃんのサンドアートのとこの、
会話がふたりで可愛かったな。。

それにつけても、
れんれんは、やはり、
れんれんで。。
力の抜けた自然体な、
いつものスタイルだけど、
孤高のハートを感じさせた。

ダンスも、
あの二人についていってるれんれんに、
なんか、、大人になったなぁとか、
勝手に感じたり、
『当たり前すぎて分からない』のくだり、
ほんとは、そうじゃなく、
言えないれんれんの強がり?も、
れんれんで。。
↑勝手にね(^-^;(^-^;

今回の席は、彼らがすぐ横を通る席で、
特にれんれんは、一番近くに来たので、
なんだか、大人びた彼の表情が、
まぶしかった( 〃▽〃)

ここまで書いて、家に着きそうなので(笑)
続きは後程。
ジュニアの子達のこともね(°▽°)→→→

King&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。