#ROT 第4回 旅路 彼らの歩みのその先にあるものとは。

king&princeは最強☆

彼らの歩みの
その先にあるものとは。

優しく、流れ出す達郎さんの歌声。
優しく、語りかける風間くんの声。

『旅路』
コンサートの裏側。

あの衝撃的な発表のあとに、
この番組を見る。。

冒頭、前回の放送で、
喧嘩してしまった、
ジンについて語る、
いわちの言葉。。
すごく泣けました(ToT)

場面変わって、コンサート直前のシーン。
しっかり者のれんれんが
「やりたかった」円陣。
『どうしてもやりたいの?』
という紫耀くんに、
『とうしてもやりたい。つきあって』って、
穏やかに言うれんれん。
『うん。やろう』って、
紫耀くん(’-’*)しょうれん(T^T)
ミスなくって言いかけたれんれんに、
『ミスしちゃうかも』って、
おどけて言う岸くん。
お兄ちゃん2人がこんな風に、
リラックスした空気感を、
作ってるんだなって。。

コンサートの映像が流れる。。
中でも、、、ユアプリ。
Princeの曲をKINGが踊りながら、
セットが上下して、クロスし、はけてく。。
私的には、ここの演出が感慨深かったです。

また、反省会でのメンバー紹介の変更の話、、
岸くんが、なかなか理解できてなくて、
かわいかった(о´∀`о)

そして、変更後の本番では、
バッチリ決めるリーダー、岸くん。
紹介されてるれんれんが、
ずっと岸くんの手を離しません(笑)
ここも、好きだった。

まだまだ、コンサートのことは、
沢山裏話、出てきますが、
また別途書きますね✨✨

そして、、
彼らの言葉を繋ぎ合わせてみると、
ひとつの文章のようになる。。
(↓ほんとは、それぞれに前後に言葉がありますが)

紫『誰がセンターに立っても違和感のないグループになったら』
岩『ずっと6人仲良くいたいですね』
廉『恥ずかしげもなく、King&Princeですって胸張って言えるような大人』
海『ずっと今のこの感じでいたいですね、6人の』
岸『やっぱりお互い支えあって』
神『唯一無二の存在にしたいですね』

風間くんの最後のナレーション。
達郎さんの歌声が被さってゆく。
『king&prince
6人の旅路はまだ、
始まったばかり』

そう、、
5人が、いわちが戻ってくる日まで、
K&Pを守りながら進んでくれるはず。

King&Prince&Tiara

Mikico☆