ジャニアイ12/10夜公演③

DSC_2481

☆ご訪問ありがとうございます☆

【そのまま立ったままで大丈夫】

いきなり、スタオベ後の話をします。
昨日、昼公演に入られた、Aさんからも、
夜公演は、どうだったのですか?と、
お問い合わせがあったので(^-^)v

私たちは、三方礼後、
紫耀くんが、もう一曲歌うと話した後で、
『あ!そのまま立って一緒に歌える方は、
歌ってください。
いま、座ろうとしたでしょ?(笑)』
のくだりがあり、
『君にこの歌を』が、始まりました。

Aさんによると、昼は、戸惑いながら、
座った人が多く、それでも、
前で立ってた方は、座るように、
劇場スタッフに声をかけられたとか。。

そこを察しての、
紫耀くんの配慮だったのかと、
私も合点がいきました。

あんな風に、言うのも珍しいなって、
思ってたので。。

三方礼の時も、
私がバンって立って、その時、何人か、
同じようなタイミングで立たれたように、
見えました。
それでも、
え?立っていいの?いいの?
みたいな感じで。
さざ波のような立ち方でしたが、
なんとか、成功でした(^_^)v

そのあと、、の出来事。。

みんなこうやって、こういう場面では、
こうするんだとか、いろいろ、
学んでくんだよね、お互い、、と、
思いましたし、紫耀くんだけの配慮では、
なかったかもですが、座ろうとした人に、
スマートに声をかけれたのは、やはり、
紫耀くんの機転もあったと思うので、
流石だなって。。

と、、最後のところから、
書いてしまいましたが、大事ですよね。
スタオベが、そうするものなんだって、
このタイミングなんだって、、
分かってもらうためにも、やはり、
書いた方がいいかなと。。

あと、始まりが、あれ?始まったの??
という演出なので、
思わず私語になってしまうから、、
そこも、気を付けないとですね。。
それは、演出として、『驚かせる』って、
ことで、少し位ザワッてするのも、
折込み済みなのでしょうか(^-^;(^-^;

【ダンス・ダンス・ダンス】

今回、KINGは、
3人でダンスがスゴかった、、
というのが、私の印象。。
前のブログでも書きましたが、
れんれんもがんばってたし。

結構、ハードなタイプのガシガシ、
踊ってる感じ。。

そこのクオリティは、
スノやトラジャがいない分、
担わないといけなかったのかな。。

ジュニアたちも、
とっても成長していたんだけど、
やはり、ダンスだったら、、
トラジャがいないのは、
ちょっと物足りないと、
思ってしまうのです、、
仕方がないことですが、、。

だから、早急に、次の次の世代をしっかり、
育てることが急務ですよね。。

Hi 美 侍も、もちろん、
がんばってるよー!
そこは、すごーく分かりました。

でも、どれだけ、兄組がスゴかったかも、
よく分かるなって、、そこは、素直に、
そう思いました。。

【少年忍者という集団】

紫耀くんが、
ジャニーさんに、6年前に、
構想を聞いていたという、
宇宙船から、たくさんの子供達が、
降りてくるという演出、、、
それに近い状況が、、いまの
少年忍者たち。。

そのなかから、5人か6人が、
次のユニットになるかなと、
予感させる演出と、推し方でした。

織北、、
このまま一緒のユニットに、
なってくれたら、、
と願わずにいられない位、
もしかして、、と思いました( 〃▽〃)

ちびジュたちも、ほんとに、
成長してて、
クボレンくんやカイルくんたちも、
目立ってましたね(°▽°)
成長がスゴかったです☆

こうやって、育ってゆくのですね。。
しみじみ。。

この集団から頭ひとつ抜け出すのは、
誰だ?と益々楽しみになりました。

【ジャニーさんトリビュートとしての、、】

今回の舞台は、、
ジャニーさんのトリビュートである。
物語が、自然とそのようになったこと、
これは、必然だったかと。。

『見ててね』

そうこの言葉から、
出演する一人一人の心にある、
ジャニーさんとの思い出を、
舞台上で、昇華させるための、演出。

何よりジャニーさんが、大切にしてた、
『リアルであること』
それを、ジャニーさんを失ったことで、
表現することになった。。
ただ、湿っぽくならずに、、
明るく、、彼らは語るのだ。

それが、ほんとに、心を打ちました。

楽曲についても、語りたいです。
『ノイナ』や『闇を突き抜けて』
大好きな曲たちについては、
また後程→→→

King&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。