花晴れ記念日(*^▽^)/★*☆♪

【花晴れ記念日】

丁度、1年前の今日、
『花晴れ』の撮影にエキストラ参加をした。
人生2度目のエキストラ。

1度目も、花晴れの撮影。
このときは、300名以上いて、
杉丸くんの最初の紹介シーンのところ。
大会で彼が活躍してるシーン、、
あんなに大勢の方が、
あんなに時間をかけたのに、
実際はほんの数秒。。
対戦相手の方は、全然映ってなくて、
テレビドラマって、過酷なんだ(T-T)
いろんな意味で、、と痛感しました。

そして、2度目は、エキストラさんも、
100人位で、前よりも和気あいあいな空気感。
もう、ドラマも中盤。
残念ながら、紫耀くんがいるシーンでは、
なかったのですが(^_^;)
↑結構、映ってしまったので、
あえてどのシーンという明言はさけます(笑)

でも、そこで、
素敵なお友だちが、
お二人出来ました。

そのお二人は、紫耀くんのファンではなく、
嵐ファン、、つまり花男からの流れでの、
エキストラ参加。
ちょっと思いの外、平野くんもいいね( 〃▽〃)
という感じでした。

仲良くなってから、
私がいろんな動画や情報を送り、
すっかりお二人は紫耀くんのファンに。
ファンクラブにも、ほどなく入られて、
見事に沼に(笑)

その後、ファーストコンサートでは、
私も含め、ジュニア時代からのお仲間が、
全員、当選ならずで、ボーゼンとしていたら、
このお二人が当選。。救われることに。。

なんというご縁でしょうか。

紫耀くんが、繋いでくれたご縁だなって、
とても大事にしています( 〃▽〃)
今度、出逢って1周年と、
キンプリデビュー1周年を、
一緒にやりましょう!と計画中( ´∀`)

【花晴れから1年】

実は、エキストラ参加は、2回でしたが、
偶然、あいりちゃんの撮影シーンに遭遇して、
もしかして映り混んだかも??
ということがありました。

これは、結果映りこまなかったのですが、
たぶん、あいりちゃんはノースリーブで、
周りのエキストラさんも春の装い、、
でも、その日は寒くて真冬のような気温で、
周りの道行く人は、コート、、、
という感じでしたので、出来上がった映像は、
だいぶ周りをぼかして作り上げてました。
↑あいりちゃんが街を呆然とした表情で、
歩いてる、、というシーンだったから。

なので、偶然遭遇したり、
よく行く場所が印象的な撮影シーンに、
使われていたりと、、
親近感を感じずにはいられないドラマで。

ましてや、、
多くの方々が、大注目してる中、
紫耀くんは、どう受け入れられるのか、、を、
ドキドキしながら見守った作品。
まぁ、ほんと勝手に見守っただけ、
なんですが(笑)

とても、思い入れのある作品です。

しかも、どんなに玉ちゃんがドラマに出ても、
エキストラに行こうなんて、これっぽっちも、
考えたことなんて、なかったのに(^_^;)

ほんとに、平野紫耀マジック(笑)
なんで、こんなに引き込まれるのか、
不思議な魅力の人だなって、、
改めて思います。

余談ですが、
私はそんな紫耀くんを、
グループのリーダーとして、
年上、先輩として支え、
紫耀くんを、心の底からリスペクトしてる、
岸くんの存在が、愛しくてならないのも、
あります。

これは、紫耀くんが、
すごい存在であればあるほど、
岸くんの謙虚さからのリスペクトが、
心に染みるというのか、、
そして、そんな岸くんを頼り、これまた、
心の底からリスペクトしてる紫耀くん。
この二人の見えないバランスのとれた、
関係性が素晴らしいと思ってます。

彼らの関係性に、美しさを、
感じるのです。

私の勝手な解釈ですが、
そこを軸として、いろんな関係性が、
生まれてるキンプリ。。

そんなリーダーの脆さを、分かって、
いま支えてるのは、れんれんじゃないかとか。
Princeの絆は永遠だなとか。
KINGは、ほんとに、かいちゃんが、
いたから成り立ったとか、、。

ジュニア時代の不安定な状態を経て。
まず、最初に紫耀くんが露払いのように、
世の中に出ること、、その出方によって、
キンプリが評価される、、この作品は、
6人の未来をも左右することになる作品。

そのことが、みんなで分かってたから、
彼らは支え合い、素晴らしい結果を残した。
それは、ティアラにも言える。。

『シンデレラガール』の売上は、
古参のファンのみならず、ドラマで、
ファンになった方々の貢献がなくしては、
成り立たない数字。。
↑追いデレラも、どこまで伸びるかですが、
ミリオン、プレゼントしたいですね( 〃▽〃)

花晴れの色んな場面に、
シンデレラガールのサビが印象的に流れると、
あの初々しい紫耀くんの表情ひとつひとつ、
そこから、この1年のキンプリの、
『未来』がスタートしていた。。

もちろん、事務所の力あってのこと、、
やはり、ジャニーズの底力も見せてもらえた、
この1年。。

この新緑の瑞々しい空気を感じる度に、
花晴れの名シーンを思い出すのだろう。

そして、私も参加させてもらえたという、
思い出も( 〃▽〃)

King&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。