同じ月を見ている。

ヒトコトセラピー
DSC_3290

20代の頃は、
ずっと、作詞をしていました。
詩集も作成したことがあります。

5冊の詩集が箱に入る形式。
その箱は友達たちと、
青色や藍色で、色を塗って、
ニスを塗って仕上げて、
それを販売したこともあります。

ハワイのヒーリングシンガーへ、
詞を提供したことも。。

今日は、ふと、そんな創作意欲が、
掻き立てられました(笑)

『同じ月を見ている。』

今日は、
絶対、夜も晴れてるから、
同じ月を、見ているはず。

きっと、彼らは達成感の中で、
この月を、見上げているはず。

そしたら、少し離れた場所で、
同じ月を見て想いを馳せてる、
そんな心境の人が沢山いる事、

思い出して欲しいから。

ありったけの心の声で、
月に向かって叫ぶから。

本当に本当にありがとう。
この時代に生きてくれて、
それだけで、ありがとう。

昔の人は、きっとこんな風に、
大好きな人への想いを、詩に、
残していったのかなと、思う。

例えば大好きな人が読んだ本。
1文字1文字、目にする度に、
同じ文字を見て感じてること、
それだけで、胸が苦しくなる。

『あの人はどう思ったのだろうか』
『あの人はここで泣いただろうか』

きっと、月は、それを知ってる。
何故ならば月からは、あの人も、
私も、あの子も、あの方も誰も、
同じように、見えてるのだから。

そして、私達はいろんな場面で、
沢山の感動と愛をもらっている。

私たちは、してもらってばかり。
だから、恩返しを彼らにしたい。
それは、ずっと見つめてゆく事。

これから、良いことばかりでは、
ないかもしれない道を歩む彼ら。
ふと目を転じたとき、私たちが、
ほら側にいるよ、ということが、
支えになる日も、あると思う。。

だから、どんなときも、
良いときも悪いときも、

運命共同体ならぬ、
発展共同体でいる。

それが、私たちの究極の関係だ。


( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆∠※。.:*:・’°☆
King&Princeファーストコンサート、
全公演終了、おつかれさまでしたハローキティ
( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆∠※。.:*:・’°☆

King&Prince&Tiara

Mikico☆