滝沢秀明

king&princeは最強☆

9/11ドリボな日。『get it!』に見るユウタ。

ドリボで一番好きなシーンは、マダムとリカさんの『get it!』彼女たちの存在感が舞台を引き締めてる。今年のドリボは、岸くんのユウタが、彼女たちに演技でも挑んで、均衡を保ってるのが分かる。一番好きなシーンだからこそ、ここの演出が気になる。。
king&princeは最強☆

9/11ドリボな日。TDBとKPQP。

ドリボには印象的な歌が沢山ある、その中で断トツに思い入れのあるTDB。しょうれんかいとの思い出の曲。いまや、舞台を飛び出しキンプリのアルバムにも収まり、今度はドリボで、Princeの二人が歌う。この奇跡の曲とKPQPが織り成す奇跡について。
king&princeは最強☆

9/11ドリボな日。波乱のあと。

9/11 今回3回目のドリボ。落ち着いて観ることが出来ると思ったのですが、HiHiの二人が抜けて、2日目のドリボ。。舞台上では、さらに新たなドリボが展開されてた。この波乱をも『何もかも引き受けてやろうじゃないか』と、ユウタは言うのだろう。。
king&princeは最強☆

9/5 ドリボな日。夜公演。

2019年版のドリボ、、昔を大事にしながら、新しく生まれ変わった、、そのことを、しっかりと感じることが出来た、この昼夜通しての観劇。まずは、Wゆうたに関しての続きを。ジンの歌唱力のすごさが圧巻で、岸くんの歴代の座長を上回る特別感、その意味。
ジャニーズの未来☆

舞台座長、映画主演。

考えてみると知らないうちに、彼らはしっかりと国民的スターの階段を登り、そして、あと1年も経てば、嵐並みにそのホジションにいるのが当たり前になる位置に来てる。座長と映画主演が、同時に起こってるのは、すごい。ジャニーさんの彼らに託した想いを感じて。
king&princeは最強☆

#BARFOUT 被写体としての紫耀くん。

BARFOUTは、テキストもお写真も大好きで、特に前回の紫耀くんが表紙を飾った写真が一番好きでした。今回はガラリとテーマを変えてきたような表紙のお写真を見て写真家が氣になりました。野村佐紀子さんは、アラーキーのお弟子さん。期待が高まります。
king&princeは最強☆

れんれんらしさ。

れんれんの庭ラジ、スターとしてから、どんどん『らしさ』がでて来てる。私も、同じくパーソナリティとして挑戦しているので、親近感もわきます。そもそも、パーソナリティ向きの声を持ってるれんれん。ウィスパーボイスと、純粋な心をそっと耳元から感じる。
king&princeは最強☆

#横アリ King&Prince 2ndコンサート②

キンプリのセカンドコンサートツアー。横アリ参戦のレポという名の感想を徒然に書いてます。ジャニーさんの意思を継いでゆく彼ら。その決意も見えた今回のコンサート。横アリ参戦レポ第2弾。彼らの楽曲のことについて、キンプリちゃんの世界観を書いてます。
king&princeは最強☆

#横アリ King&Prince 2ndコンサート①

キンプリのセカンドコンサートツアーがいよいよ始まりましたね。横アリを皮切りに34万人を動員予定。横アリ参戦のレポという名の感想を徒然に書いてます。ジャニーさんの意思を継いでゆく彼ら。その決意も見えた今回のコンサート。横アリ参戦レポ第1弾です。
ジャニーズの未来☆

アイドル育成の信念とは、、

今の日本のエンターテイメント界を大きく作り上げたジャニーさんの功績は、子供のようなタレント達に残した深い愛情とプロとしての厳しさ。同じ日に亡くなった方も偉大なる方でした。こうやって交代してゆくのか。正直現実をいまだ受け止めきれないでいます。