滝沢秀明

時々、キスマイLOVE☆

#ROT キスマイのShow must go on②

待ち望んでたキスマイのROT。舞祭組の舞台裏。そして、中居くんの会見がくしくも同じ日であったこと。。このことは、何を意味するのだろうかと考えた。全くの偶然であれば、本当に彼らの結び付きは、運命だ。中居くんがあたからこそ、今のキスマイがある。
時々、キスマイLOVE☆

#ROT キスマイのShow must go on①

待ち望んでたキスマイのROT。ガヤさんの言葉にジャニーさんを思う。それぞれのShow must go on。彼らは、時に指標として、時に支えとして、その言葉と共に生きて行くのだなって強く感じました。彼らのストイックさは、そこからくるのだと。
king&princeは最強☆

庭ラジから見える、等身大の永瀬廉。

永瀬のRADIOGuardian、れんれんのバレンタインについての思い出には、素の一般的なれんれんがかいま見える。お友だちのお話しもそう。そして、いわちのこともサラリと、話題に。いつだって普通にふるまいながら周りに気配りするれんれんがいる。
少年倶楽部は宝島

LGTTからの止まらない少クラ。

少クラのオープニングを見て、2016年11月の少クラを回顧する。昔を懐かしむのは、まだ先でもいいとは思うのですが、KINGがセンターでジュニアを率いてたそんな頃を思い出すオープニングだったから。彼らがまだジュニアだった頃のジュニア達の事も。
king&princeは最強☆

紫耀くん、お誕生日おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪

紫耀くん、23歳のお誕生日おめでとう☆素晴らしい1年にして下さい。ジャニーさんが楽しみにされてたオリンピックイヤー。ジャニーさんの想いを繋ぐ後継者のひとりとして、節目の年になりそうですね。これからも深紅担Tiaraはずっとあなたの味方です。
king&princeは最強☆

#ROT それぞれのShow must go on①

Show must go on、その言葉の意味を模作するキンプリ。今回のジャニアイは、ジャニーさんの追悼であり、その中で彼らはShow must go on、その言葉の意味を、それぞれが考え、表現として舞台上で表現しているその様を垣間見る。
少年倶楽部は宝島

少クラ 20th Anniversary☆

少年倶楽部の20thアニバーサリーはお宝が満載の愛しい時間でした。 亀ちゃんと山Pがこんな風に関わってること。とっつーと河合くんの司会。スノストのデイブレ。キンプリのジュニア時代の曲のメドレー。全員でのリアデラ。そしてepilogueへと。
ジャニーズの未来☆

有終の美に相応しい祭。

嵐の『Turning Up』から彼らの有終の美を飾る祭が始まったと感じた。1年かけて、グループとしての最後を世界発信という使命と供に、後輩に繋げる道作りを見せてくれるのだと予感した。くしくも、ジャニーさんが楽しみにしていたこの2020年に。
king&princeは最強☆

ジャニアイ12/10夜公演③

今回のジャニアイは、KINGが次世代のジュニアをひっぱりながらの、ジャニーさんトリビュート公演である。自然とその形になったと。彼らの心の整理もつき、そして何より『リアルであること』を大事にしていたジャニーさんに捧げる演出としては、最高だと。
king&princeは最強☆

ジャニアイ12/10夜公演②

ジャニアイが始り、私的な初日として臨んだ12/10夜公演。当たり前なんだけど、平野紫耀という人に圧倒される。そう、紫耀くんのショウは、エンターテイメントのショウだ。。そのことを、改めて気が付かされる。舞台で育ったんだと、そのことを痛感した。