king&princeは最強☆

king&princeは最強☆

花晴れの思い出に浸る。

花晴れのエキストラで出逢った、大切なお友達と『出逢って一周年』をお祝いした。 つまりは、花晴れから一周年。続編を心待ちにしてるのは、私たちだけではないはず。そんな話をしながら、一年前の思い出に浸る。きっと毎年この季節に思い出すであろうこと。
king&princeは最強☆

節目の日。☆デビュー1周年おめでとうございます☆

キンプリがデビューして一年。本当におめでとうございます。一年とは思えないボリュームの経験をした彼ら。だから彼らの成長の速度も速い。そんな中で、いわちのことも全て包括しながら過ごしたこの一年について、私なりに思う彼ことについて書いてみました。
king&princeは最強☆

玉廉の美しさ。

キスマイの玉ちゃんが、おしゃれイズムにて、れんれんの話をしてくれた。最近はWebでも、れんれんが登場。可愛がってる。このふたりには前々から似たものを感じていたので、その事を考えてみた。ツンデレ玉ちゃんが、後輩を可愛がることは滅多にないから。
king&princeは最強☆

しょうれん、という安定感。

しょうれんというエースがいることが、最大のキンプリの武器。他にももちろん、キンプリの良心と呼べる人もいたり、みんながそれぞれに粒ぞろい。でも、この奇跡の二人が牽引してることに、今の時点では間違いがないと言える。二人が醸し出すオーラがすごい。
king&princeは最強☆

アルバムジャケ写解禁に思うこと。

あと、5日あまりで、デビュー1周年を迎える彼ら。6/19発売のファーストアルバムのジャケ写が解禁した。ここで感じた正直な気持ち。いわち不在というアンバランスさ。キンプリの魅力は、いわちがいてこそ完成する。彼らが守ろうとしてるものを守りたい。
king&princeは最強☆

『うちの執事が言うことには』公開初日おめでとうございますd=(^o^)=b

ハタチの年に、主演映画をするれんれん。やはり日の当たる場所を威風堂々歩くのが似合うのが、れんれんだ。最近は、のびのびと自分を出せてるれんれんに、期待しかない。益々飛躍して欲しい、関西時代を宝物にしながら。大事な先輩や仲間に育てられたことを。
king&princeは最強☆

快進撃は、続く。

関西Jr. 時代から、しょうれんとして、シンメだった彼らが、平成から令和という時代をまたいで、渡すバトンの意味。すべて、このときのために、紫耀くんは、関西を経由してきたんだね。人と人との出逢いは 人生創る。玉ちゃんとれんれんの仲も楽しみだ。
king&princeは最強☆

れんれんのターン(о´∀`о)

れんれんのターンに思う、この1年。まずは、エース紫耀くんの功績は大きく、そこに安心して、れんれんがつづき、フルにその魅力を発揮してる。。いろんな問題や課題があるのは、きっと誰しも同じ。それを乗り越えてキスマイ兄さん達みたくなってほしいなと。
king&princeは最強☆

れんれんの突破口、漆黒の存在感。

今まで、れんれんは、優等生タイプと思ってきて、殻をどこで破るかというのがテーマかなと。すっかり、このドラマで、開眼した様が見てとれる。これは、その前に撮った映画からの影響もあるのだと思う。彼に着実にスキルを磨かせることで開花した漆黒らしさ。
king&princeは最強☆

花晴れ記念日(*^▽^)/★*☆♪

花晴れという作品は、キンプリのこの1年の基礎となった作品。私にとっても今日はエキストラに参加し、一生のお友だちが出来た記念日。彼らの1年の歩みに、この作品の成功はなくてらならないもの。その作品に参加できたのは一生の宝物だなと思っています。