king&princeは最強☆

king&princeは最強☆

#ROT ①期待に応えるということ。

#ROT 2-① 期待に応えるとは、彼らに取ってどういうことなのか。ROT放映と同時にセカンドコンサートのオーラスがあり、表舞台と裏舞台が交差する感覚の中、ジャニーさんを突然失った喪失感を補うかのようにストイックに仕事に臨む彼らの心境とは。
king&princeは最強☆

10/19 キンプリ新潟 昼公演

10/19キンプリ新潟昼公演。レベルアップした全てに魅了される。ほんの2か月前の公演と、まるで違うステージであるかのようなダンス、歌、MC、、彼らの進化のスピードはものすごく速いということを感じる新潟公演。成長する彼らの思いが伝わってきた。
king&princeは最強☆

9/26ドリボな日。前楽。岸優太という才能。

2019年のドリボにて新しい発見や驚きが沢山あったこと。第2弾。岸くんは、きっと素晴らしい舞台を見せてくれると思って期待していた。期待以上の『ユウタ』がいた。魅力的な歌声と洗練されたダンス、人情味のある演技、、どれもが岸優太そのものだった。
king&princeは最強☆

9/26ドリボな日。前楽。神宮寺勇太という才能。

2019年のドリボにて新しい発見や驚きが沢山あったこと。第1弾。まずは、神宮寺勇太の魅力が、思った以上に爆発していたこと。 器用にいろんなことを吸収し、どんどん成長してる。舞台という場が彼を最大に活かす場所であることも今回の舞台で分かった。
king&princeは最強☆

9/11ドリボな日。『get it!』に見るユウタ。

ドリボで一番好きなシーンは、マダムとリカさんの『get it!』彼女たちの存在感が舞台を引き締めてる。今年のドリボは、岸くんのユウタが、彼女たちに演技でも挑んで、均衡を保ってるのが分かる。一番好きなシーンだからこそ、ここの演出が気になる。。
king&princeは最強☆

9/11ドリボな日。TDBとKPQP。

ドリボには印象的な歌が沢山ある、その中で断トツに思い入れのあるTDB。しょうれんかいとの思い出の曲。いまや、舞台を飛び出しキンプリのアルバムにも収まり、今度はドリボで、Princeの二人が歌う。この奇跡の曲とKPQPが織り成す奇跡について。
king&princeは最強☆

9/11ドリボな日。波乱のあと。

9/11 今回3回目のドリボ。落ち着いて観ることが出来ると思ったのですが、HiHiの二人が抜けて、2日目のドリボ。。舞台上では、さらに新たなドリボが展開されてた。この波乱をも『何もかも引き受けてやろうじゃないか』と、ユウタは言うのだろう。。
king&princeは最強☆

9/5 ドリボな日。夜公演。

2019年版のドリボ、、昔を大事にしながら、新しく生まれ変わった、、そのことを、しっかりと感じることが出来た、この昼夜通しての観劇。まずは、Wゆうたに関しての続きを。ジンの歌唱力のすごさが圧巻で、岸くんの歴代の座長を上回る特別感、その意味。
king&princeは最強☆

9/5ドリボな日。昼公演。

新生ドリボにWゆうた。ドリボ大好きな私が、たまたま9/5に昼夜公演両方を観ました。歴代のドリボを観てきての感想です。いろんな角度から書いてみたいと思ってます。まずは、第一弾として、岸くんを座長にした、ジャニーさんのお気持ちを考えてみました。
king&princeは最強☆

渋谷の真ん中で祈願する。

キンプリちゃんの新曲『koi-wazurai』のプロモーションは、なんと!恋愛成就祈願の神社。こちらに祈願するのは、みなさん、それぞれに個人的な想いあると思います。でもTiaraの願いは6人揃ったキンブリ。全国でTiaraが祈願してますね。