ジローと快。

☆ご訪問ありがとうございます☆

ジローと快。
トミーと松。

似てませんか?(笑)
いや、確かに、こじつけてるし、
分からない方の方が多いかと(笑)

ある意味昭和のバディものとして、
お茶の間に愛された、、あの二人、
思い出しました。。
まだ私がほんとに、子供だった頃。

そして、
ケンティと紫耀くんのコンビ、
絶妙な安定感を感じませんか?
いろんな意味で、、。

この二人の組み合わせ、、
テレビ局や制作サイドの希望か、
事務所がこれでいくと思ったか、
どちらもあるとは思うのですが、
素晴らしい人選だったと。。

ケンティ主体で考えたとき、
日テレは、ゴチが終わって、
流れが出来てたのかなと。。
そこで、バディ役を、
ZIPでも、ガッツリ繋がりのある、
キンプリの誰かに、、と、
考えたとき、
ほんとは、役柄を考えると、
岸くんという選択肢も、、と、
ヲタク的には、よぎりました。

でも、
W主演ということでは、
紫耀くん、、なんですよね、きっと。
いや、私的に、それで良いのですが、
岸くんバージョンも、見てみたかった。

そして、紫耀くん主体で考えたとき、
今まで、SHARKより後は、
恋愛ものの主演ばかりで、
しかも、役柄がほぼ同じような感じ、
何より、相手役にもヲタクは、
ヤキモキするしね(  ̄▽ ̄)

紫耀くんとしても、、
贅沢なことだけど、主演でなく、
脇で先輩の演技を勉強したりしたい、
恋愛ものじゃない役をやりたい、
というようなことを言っていた、
その事も、実現しそうだ。

さらに、
ケンティといる紫耀くんの笑顔が、
ホッとしてるように見えること、
前も、そんなこと感じたなぁと、
思い起こすと、、
キンプリのデビューの時だ。

ジャニーズ歴の長い、
年上の岸くんがいて、
リーダーでいてくれて。。
次男的ポジションに、
ホッとしてたような。

でもね、『花晴れ』では、
紫耀くんが、やはり、
グループとしての最初の一歩を、
どう踏み出すか、、任されてた。

彼のドラマが成功するかどうかは、
キンプリの成功に、大きく影響がある、、
そんな風に感じてた。。
きっと紫耀くんも、、。

その重圧、、
さらに、舞台でも、
彼にかかる重圧は、常にあった。

そんなことを経ての、
今回のケンティとのダブル主演。

ずっと、ジュニアのころ、
バックにつかせてもらってたし、
紫耀くんは、
ほんとに、弟感が満載の、
ホッとしたお顔をしてる。

ケンティは、頭の良い人だから、
紫耀くんの輝きを、しっかりと、
輝かせながら、自分も輝く、、
その術も知ってる。。

その姿勢は、謙虚でスマート、
流石だなって。。
誕生日のお祝いの時のコメントにも、
現れてる( ・∇・)

だから、
いま、飛ぶ鳥落とす勢いの、
紫耀くんと並んでも、
全然大丈夫なケンティなのだ。

同時に、そんな先輩に対して、
スッと『たてる』ことが出来る、
そんな、紫耀くんでもあるからこそ、
とも思います( 〃▽〃)

と、、
ケンティと紫耀くんの、
ドラマが始まる前から、
この組み合わせの妙を、
ひとり、分析する私なのでした(笑)

それにしても、W主題歌???
セクゾの方はどうなるの?(3/14時点)
やっぱり、
先輩たちの方が満を持して発表、、
なのかな????

ジャニーズは、縦社会だから(=^ェ^=)

king&Prince&Tiara

Mikico☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。